システムを高速化させる「Intel Optane Memory」がグローバルで発売開始。スペックも判明

Intel Optane Memory

システムを高速化させるM.2 SSDキャッシュ「Intel Optane Memory」がグローバルで発売開始されます。

     

Intelは2017年4月24日(米国時間)、3月に発表したIntel Optane Memoryを本日より小売店で発売開始したことを発表しました。

Intel Optane Memory自体はキャッシュメモリで、SSDよりも低速なHDD環境で導入すると、WebブラウザをHDDよりも最大5倍高速で起動、全体のシステム性能が最大28%向上、HDDのシステムパフォーマンスを最大14倍高速化などの恩恵を受けられます。

取り付けはM.2 SSDと同様にメモリモジュールをマザーボード上のM.2スロットに挿入するだけ。

動作には第7世代Intel CoreプロセッサとIntel 200シリーズのチップセットを搭載したマザーボードが必要になります。それ以前のプロセッサやマザーボードには対応していません。

Intel Optane Memoryのスペックは以下の通り。

容量 32GB 16GB
フォームファクタ M.2 2280
インターフェース PCIe NVMe 3.0 x2
シーケンシャルリード 1350MB/s 900MB/s
シーケンシャルライト 290MB/s 145MB/s
ランダムリード 240000 IOPS 190000 IOPS
ランダムライト 65000 IOPS 35000 IOPS
レイテンシリード 9 µs 7 µs
レイテンシライト 30 µs 18 µs
消費電力(Active時) 3.5W 3.5W
消費電力(Idle時) 1W 1W
製品公式 32 GB 16 GB

 

16GBモデルと32GBモデルの2モデルで展開されます。Intel Optane Memory自体をSSDとして利用するものではないので注意。

Windows Vistaで搭載されたReadyBoost機能を彷彿とさせるものですが、実際のところどれくらいの効果があるんでしょうか。

 

 



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-

© 2020 公安9課