Intel Z590, H570, B560, H510チップセットの違いについてと比較

2021/03/17

Intel Z590, H570, B560, H510チップセットの違いについてと比較。

Intel Z590, H570, B560, H510チップセットの違いについてと比較

この表本当か?これが無いと困る!この機能対応していないの?というものはきちんとご自分でIntel公式で仕様を確認することをオススメします。

Z590H570B560H51-
サポートしているCPU第11世代Comet LakeComet Lake
DMI 3.0レーンx8x8x4x4
ソケット形状LGA1200LGA1200LGA1200LGA1200
CPUの
オーバークロック
メモリの
オーバークロック
サポートしているメモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
最大メモリ容量128GB128GB128GB64GB
CPU側PCI Express
リビジョンとレーン数
4.0/204.0/204.0/204.0/20
チップセット側PCI Express
リビジョンとレーン数
3.0/243.0/203.0/123.0/6
サポートされるCPU側
PCI Expressポートの構成
1x16+1x4
2:x8+1x4
1x8+3x4
1x16+1x41x16+1x41x16
SATA3ポート数6664
USB3.2 Gen2x2(20Gb/s)322-
USB3.2 Gen2x1(10Gb/s)1044-
USB3.2 Gen1x1(5Gb/s)10864
USB2.014141210
Intel Optane対応対応対応-
SATA RAIDサポート0, 1, 5, 100, 1, 5, 10--

 

チップセット情報(Intel ark)

第11世代/第10世代CPUをサポート

Intel Z590, H570, B560, H510チップセットは、インテル第11世代CPUと第10世代CPUをサポートします。

PCIe 4.0をサポート

第11世代CPUはPCI Express 4.0をサポートしています。PCIe 4.0接続のM.2 SSDが使えるようになります。グラボはPCIe 4.0になってもそこまで差がないという話もあります。

CPUからPCi Express 4.0レーンが20レーン出ています。(グラフィックボード用16レーン+NVMe SSD用4レーン)

DDR4-3200/2933サポート

メモリはDDR4-3200またはDDR4-2933をサポートします。

なお、使用時には制約があるようです。

これに絡むのが、本文にもある"Gear 2"という表記だ。Rocket Lakeのメモリコントローラは

  • Gear 1:メモリコントローラがメモリのデータレートと同じ速度で動く(DDR4-3200なら3.2GHz駆動で動作)
  • Gear 2:メモリコントローラがメモリのデータレートの半分の速度で動く(DDR4-3200なら1.6GHz駆動で動作)

の動作モードを持つ。で、DDR4-2933まではどのプロセッサであってもGear 1で動作するが、DDR4-3200に関してのみGear 1で動くのはハイエンドのCore i9-11900K/KFのみで、他の製品は全てGear 2動作になるそうだ。Intelによれば、Gear 1にするとLatencyは減るが消費電力が増え、一方Gear 2ではLatencyはやや多くなるがBandwidthはちゃんと確保され、また消費電力は減るという話であった。

Intel、Rocket Lake-Sの詳細を公開 - CPUコアは14nm版のSunny Cove相当 | マイナビニュース

Z590, H570, B560でメモリのオーバークロックが可能に

Zではメモリのオーバークロックができましたが、H/Bでもメモリのオーバークロックが可能になりました。なお、メモリのオーバークロックをしない人にとっては何のメリットもありません。

WiFi 6をチップセットに内蔵

500シリーズのマザーボードでは、WiFi 6をチップセットが内蔵されるようになりました。(Intel Wi-Fi 6 AX201が搭載?)

USB3.2 Gen 2x2(20Gb/s)をサポート

500シリーズのマザーボードはUSB3.2 Gen 2x2(20Gb/s)をサポートします。まあだからなんだと言われたらそれまでなんですが・・・・。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイルオンラインストアSIMを契約すると5000円相当還元!毎日21時から朝8時59分までのタイムセール中は7000円相当還元に増額中!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-解説