HUAWEI P20レビュー。カメラを重要視する人にオススメの1台

投稿日:

HUAWEI P20レビュー。カメラを重要視する人にオススメの1台です。

HUAWEI P20 レビュー

2018年6月15日に発売されたファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P20」を購入したので簡単なレビュー。

箱。

付属品。USB-C ハイレゾイヤホン、USB-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ、保護ケース、ACアダプタ、USB Type-C 2.0ケーブル、クイックスタートガイドが付属しています。

本体前面。約5.8インチ18.7:9 FHD+(2244×1080)ディスプレイを採用しています。下部には指紋センサー。本体サイズは縦幅149.1mm×横幅70.8mm×暑さ70.8mm。重量は約165g。

インカメラは2400万画素のイメージセンサーを採用。

背面。めちゃくちゃ指紋がつくのでメガネ拭きなどで綺麗に拭き上げてから保護カバーを装着することをオススメします。

搭載されているダブルレンズカメラはファーウェイとライカが協業で開発したもの。この画像だと左側が1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)で、右側が2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6)、像面位相差+コントラスト+レザー+デプスAF影を採用。

AI手ぶれ補正によって強力に手ブレを制御するので、夜景の撮影でも三脚は不要と謳っています。夜景モードではコントラストと光のバランスを調整し、かんたんに美しい夜景が撮影できるとのこと。

HUAWEI P20のカメラは、DxOMarkでスコア102を叩き出しています。DxOMarkとはデジタルカメラやレンズ、スマートフォンにおいて性能を評価したスコアを公表している機関です。テストの結果に関してはWebsite(www.dxomark.com)をご確認ください。

カメラ部分は出っ張っているのでテーブル等に置いても水平になりません。注意。

ステレオスピーカーとUSB3.1 type-Cコネクタ。

本体右側面には電源ボタンとボリュームキー。

本体左側面にはSIMスロット。

本体上面には何もなし。

SIMスロット。nanoSIM2を2枚挿入可能です。microSDカードは使用できません。ストレージ容量が128GBあるのそうそう容量不足に陥ることはないでしょう。

保護ケースを装着

保護ケースを装着するとこんな感じ。カメラ部分が出っ張っているのが保護ケースのおかげで平らになります。

 

HUAWEI P20 スペック

HUAWEI P20
OSAndroid 8.1(EMUI8.1)
プロセッサHUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU
(4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)
ディスプレイ約5.8インチ 18.7:9 FHD+
(2244×1080)
メモリ4GB
ストレージ128GB
アウトカメラデュアルレンズカメラ
1200万画素(RGB, f/1.8)
+2000万画素(モノクロ, f/1.6)
インカメラ2400万画素(f/2.0)
WiFiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.2
通信方式FDD LTE: B1,2,3,4,5,6,7,8,9,12,17,18,19,20,26,28,32
TDD LTE: B34,38,39,40,41
キャリアアグリゲーション対応
WCDMA: B1,2,4,5,6,8,19
TD-SCDMA: B34,39
バッテリー3400mAh
充電端子USB Type-C
サイズ(高さ×幅×厚さ)149.1mm×70.8mm×7.65mm
重量 165g
製品公式

 

 

AnTuTu Benchmark

残念ながら手元にHUAWEI P20 Proが無いので、HUAWEI P20とHUAWEI P20 liteでのスコア比較になります。

 

HUAWEI P20

HUAWEI P20 lite

もちろんHUAWEI P20のほうがHUAWEI P20 liteよりもスペックがいいです。大体2.3倍ほど性能差があることが分かりますね。

AIによるシーン自動識器機能

HUAWEI P20の特徴といえばAIによるシーン自動認識機能。AIが19の被写体やシーンを認識して、最適な明るさや絞りなど様々な設定を自動で行ってくれます。難しい知識や面倒な設定は不要で、シャッターを押すだけでいい写真が撮影できます。

また、AIは水平などの写真構図においてもリアルタイムに最適なアドバイスをしてくれます。AIはオフにもできるので、自分で後から好きなように加工したいという人も大丈夫です。

カメラの作例

何もしなくても自動で綺麗に撮ってくれるというのはかなりポイントが高いですが、被写体によっては彩度が少々きつくなってしまう可能性があります。

とはいえ、

使ってみて感想

  • 草木モードだと緑が少し大げさに強調されている感じがある
  • 顔認証や指紋認証の精度は問題ない
  • ナビゲーションキーの配置は変更可能なのでGalaxyを使っていた人も安心
  • Dolby Atmosを搭載しているので音は良い方

NifMoのキャッシュバックキャンペーン対象機種です

HUAWEI P20はNifMoで実施されているキャッシュバックキャンペーンの対象機種になっています。HUAWEI P20とデータSIMや音声通話SIMを3GB/7GB/13GBプランで契約すると高額なキャッシュバックが貰えます。ドコモ系格安SIMではトップクラスにお得なキャンペーンです。

【2018年8月】データ通信専用SIMSMS対応SIM音声通話対応SIM
3GBプラン1万2000円1万2000円1万7000円
7GBプラン1万2000円1万2000円2万1000円
11GBプラン1万2000円1万2000円2万1000円


(スマホセットのキャンペーン専用ページに移動します)

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, レビュー
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.