HUAWEI nova lite 3+実機レビュー。Googleモバイルサービス対応

HUAWEI nova lite 3+実機レビュー。Googleモバイルサービスに対応しています。

     

「HUAWEI nova lite 3+」レビュー

HUAWEI nova lite 3+を試用する機会がありましたので、レビューを行いたいと思います。カラーはオーロラブルー。

4G対応スマートフォンで、HUAWEIですがまだGoogleモバイルサービスに対応している機種です。

HUAWEI nova lite 3+は、CPUにKirin 710、メモリ4GB、ストレージ128GBを搭載しています。

本体サイズは縦幅約155.36mm×横幅約73.55mm×厚さ約8.2mm、重量は約163g。

おサイフケータイや防水防塵には非対応です。

外観フォトレビュー

外箱。

本体前面。ディスプレイは約6.21インチ、フルHD+(2340×1080)のTFT液晶を採用しています。

上部の真ん中にインカメラが搭載されており、ノッチになっています。インカメラは約800万画素。

本体背面。水色から青色へのグラデーションになっています。指紋センサーも搭載されています。

アウトカメラは約1300万画素と約200万画素のダブルレンズを搭載しています。

 

カメラ部分は2mm弱飛び出しています。カバーなしだとガタガタします。

本体上部。SIMスロットが搭載されています。
本体右側面。音量ボタンと電源ボタンが搭載。
本体左側面。特になし。
本体下部。イヤホンジャックが搭載されています。充電端子はまさかの、まだmicroUSB端子です。なぜどうして・・・・。

SIMスロット。nanoSIMが2枚搭載可能で、DSDSに対応しています。

microSDカードも利用できますが、nanoSIM+nanoSIMもしくはnanoSIM+microSDカードの組み合わせで搭載可能です。

HUAWEI nova lite 3+のスペック詳細

サイズ(幅×高さ×厚さ)約73.55 (W)x155.36(H)x8.2(D) (mm)
重さ約163g
カラー
オーロラブルー
ミッドナイトブラック
対応OS
Android 9(EMUI 9.1)
CPU
HUAWEI Kirin 710 オクタコア(4×2.2GHz+4×1.7GHz)
メモリRAM:4GB / ROM:128GB / microSD 最大512GB(別売)
バッテリー
3,400mAh
ディスプレイ約6.21インチ2,340×1,080(TFT)
カメラ
アウトカメラ(ダブルカメラ):約1,300万画素+約200万画素
インカメラ:800万画素
通信速度下り(受信時)最大300Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth®Bluetooth 4.2
テザリング機能対応最大接続台数:8台
通信方式LTE:B1/2/3/8/17/18/19/41
3G: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
対応SIMnanoSIM / nanoSIM
DSDS機能対応
連続待受時間
LTE:約653時間 / 3G:約800時間
連続通話時間3G:約25時間
その他加速度 / コンパス / 環境光 / 近接 / 指紋認証
付属品ACアダプタ / USB ケーブル / イヤホンマイク /
クリアケース / クイックスタートガイド

HUAWEI nova lite 3+とHUAWEI nova lite 3のスペック比較

HUAWEI nova lite 3+HUAWEI nova lite 3
重さ約163g約160g
CPU
HUAWEI Kirin 710
HUAWEI Kirin 710
メモリRAM:4GB / ROM:128GBRAM:3GB / ROM:32GB
カメラ
アウトカメラ(ダブルカメラ):約1,300万画素+約200万画素
インカメラ:800万画素
アウトカメラ(ダブルカメラ):約1,300万画素+約200万画素
インカメラ:1600万画素

HUAWEI nova lite 3が発売されたのは2019年2月ごろで、HUAWEI nova lite 3+の発売まで1年ちょい経っているのですが、CPUはそのままです。

ストレージは32GBから128GBと非常に増えましたが、インカメラの画素数は低下しています。

ベンチマーク計測結果

Antutu Benchmarkで計測

Antutu Benchmark v8.4.3で計測。

HUAWEI nova lite 3+のベンチマークスコアは149146。

Antutu上ではなぜかHUAWEI nova lite 3表記になっていますが、型番はHUAWEI nova lite 3+のものだったのでAntutuのほうの問題かと。

Geekbenchで計測

HUAWEI nova lite 3+のベンチマークスコアは、シングルスコアが325、マルチスコアが1240。

カメラ作例

AIカメラ(オート)の標準撮影

撮影後にAI補正のオンオフを変えることができます。

実際よりも鮮やかめに写ります。

夜景モードで撮影

夜景には少し弱いように感じますが、2万円台スマホとしては上々だと思います。

夜景モードで撮影する場合は、撮影までに約5秒かかります。

カメラ機能詳細

カメラモード、設定について

アパーチャ撮影でぼかしたりフィルタをかけたり

アパーチャ効果最小

アパーチャ効果最大

フォーカスを当てたところを中心に、まわりをぼかすことができます。

撮影後でもぼかし具合は調整可能で、フォーカスの位置も変えることができます。更にフィルタをかけることもできます。

搭載機能を紹介

ノッチを隠すことができます

設定でノッチを隠すことができます。

顔認証・指紋認証に対応しています

HUAWEI nova lite 3+は顔認証と指紋認証に対応しています。

顔認証と指紋認証の精度はとてもよく、すぐに解除されます。

また、背面の指紋センサーを利用して様々な操作を設定することもできます。

画面解像度が変更できます

ディスプレイの解像度が変更できます。フルHD+(2340×1080)もしくはHD+(1560×720)から選べます。

その他

Googleモバイルサービスに対応しています!

Google Play

AppGallery

HUAWEIといえば最近の諸問題によって、Googleのサービスが使えなくなっていることが話題です。

ですがHUAWEI nova lite 3+はGoogleモバイルサービスを利用することができます。(記事更新時点)

HUAWEI独自のアプリストアであるAppGalleryも利用できます。

ホーム画面は複数種類搭載

HUAWEI nova lite 3+は、オリジナルのホームと、簡易モードを選ぶことができます。

オリジナルホーム。

簡易ホーム。設定やらホーム画面やらの文字やアイコンなどが大きく、見やすくなります。

初期状態のストレージ

SIMスロットはnanoSIMが2枚搭載可能。DSDSにも対応しています

SIMスロット。

nanoSIM+nanoSIMもしくはnanoSIM+microSDカードの組み合わせで搭載可能です。

DSDSに対応しています。

通話用のSIMのデフォルトを設定できたり、2枚のSIM間で通話を転送することが可能です。

youtubeで1時間動画再生してみました

youtubeにて動画を1時間再生してみました。バッテリーは10%ほど減少しました。普通ですね。

まとめ

良いところ

  • カメラも綺麗でこの値段では申し分なし
  • イヤホンジャックが搭載
  • Googleモバイルサービス対応

気になるところ

  • 充電端子がmicroUSB
  • ワイヤレス充電に対応していない
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水防塵非対応

2万円台の格安スマホで、ストレージは128GBと大容量。カメラも綺麗に撮ることができますし、お年寄りも使いやすい簡易モードが搭載されているなど、スマホデビューとしてもよいと思います。

残念なことに未だに充電端子がmicroUSBなのはとても気になります。また、おサイフケータイや防水防塵にも対応していないのは注意したいところ。

もしかしたらGoogleモバイルサービス対応の最後のHUAWEI機種となるかもしれませんね・・・。

IIJmioモバイルサービス(タイプA)のSIMを挿してみた速度結果など

IIJmioモバイルサービス(タイプA)のSIMを挿して速度計測してみました。

計測時間は平日(水曜日)の夜中、朝、昼、夕方、夜あたり。それぞれ5回ほど計測して平均付近のスクショを掲載しています。

計測場所は東京都下。

夜中(0時頃)

朝(8時頃)

昼過ぎ(13時前)

昼終わり後(14時ごろ)

夕方(18時半ごろ)

夜(22時ごろ)

流石に昼休みあたりや、帰宅するであろう夕方ごろには1Mbps前後といったところ。

昼休みが終わったあたりや、夜や夜中は20~30Mbpsといったところです。

IIJmioで販売中。各種キャンペーン実施中です

IIJmioでは、HUAWEI nova lite 3+を一括2万2800円、24回払い月980円で販売中です。

また、月額割引キャンペーン、ギフト券プレゼントなど各種キャンペーンも行っています。

IIJmioのキャンペーンについては以下の記事で紹介しています。

IIJmio公式サイトでキャンペーンをチェック!

IIJmioの公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイトに移動します


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, レビュー

© 2020 公安9課