HUAWEI nova lite 3のスペック・価格・販売MVNOまとめ

投稿日:2019/02/01 更新日:

2月1日発売、HUAWEI nova lite 3のスペック・価格・販売MVNOをまとめています。

HUAWEI nova lite 3発売

2019年2月1日より各社MVNO専売で、SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 3」が販売開始されます。販売予想価格は2万6880円。

HUAWEI nova lite 3は、約1年前に発売されたHUAWEI nova lite 2の後継機種。お手頃な低価格帯のモデルのスマートフォンとなっています。

カラーはオーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラックの3色をラインナップ。

HUAWEI nova lite 3のスペック

OSAndroid 9 + EMUI 9.0.1
CPUHUAWEI Kirin710
オクタコア (4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
ディスプレイ約6.21インチ、19.5:9 TFT
2340 x 1080ピクセル
メモリ3GB
ストレージ32GB
アウトカメラ約1300万画素+200万画素
LEDフラッシュ,像面位相差+コントラスト AF
インカメラ1600万画素,FF
Wi-Fi802.11 b/g/n 準拠 2.4 Ghz
BluetoothBluetooth 4.2
バッテリー約3400mAh
対応周波数FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
キャリアアグリゲーション対応
auVoLTE対応予定
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
サイズ(縦×幅×厚さ)約155.2×73.4×7.95 mm
重さ約160g
NFC×
充電端子USB 2.0 Micro-B
SIMnanoSIM x 2

HUAWEI nova lite 3はHUAWEIとしてははじめてのしずく型ノッチを搭載したSIMフリースマートフォン。MVNO専売となっています。

CPUにはオクタコアのKirin710(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)、メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載しています。

ディスプレイは6.21インチのフルHD+(2340×1080)で、しずく型ノッチを搭載することで89%の高い画面占有率となっています。

アウトカメラは1300万画素と200万画素のデュアルレンズとなっており、200万画素のレンズは深度測定用。背景をボカすことのできる「アパーチャモード」が搭載。インカメラは1600万画素。

アウトカメラ・インカメラともにAIが搭載されています。アウトカメラは22シーン、インカメラは8シーンを認識し、自動的に最適化してくれます。

顔認証と指紋認証が搭載。

バッテリー容量は3400mAhで、充電速度はHUAWEI nova lite 2と比較して22%アップ。本体サイズ(縦×幅×厚さ)は約155.2×73.4×7.95 mm、重さは約160g。

充電端子はmicroUSBと、USB type-Cでないのが惜しいところ。NFCは搭載されていないので、おサイフケータイなどは利用できません。イヤホンジャックは搭載。

LTEの対応周波数はBand 1/2/3/8/17/18/19/41。キャリアアグリゲーション、au VoLTEに対応予定(発表時点)。

SIMはnanoSIMを2枚搭載可能で、DSDVに対応。SIMスロットはmicroSDと排他利用。

販売するMVNO

2019年2月7日現在で発表されている販売NVNOは以下の通り。

MVNOによって異なりますが、販売予想価格は2万6880円となっています。発表され次第追加します。

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.