ファーウェイが高コスパなミドルレンジSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」発表

投稿日:

HUAWEI GR5

ファーウェイが高いコスパを実現したミドルレンジSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」を発表しました。

HUAWEI GR5が発表

ファーウェイ・ジャパンは2016年1月28日、1300万画素の多機能カメラに指紋認証センサーを搭載しながらも、学生や新社会人に向け高いコストパフォーマンスを実現したミドルレンジモデル「HUAWEI GR5」を3万7584円にて2月12日より発売すると発表しました。家電量販店およびIIJmio, DMM mobileなどのMVNOでも販売されます。

HUAWEI GR5スペック

HUAWEI GR5のスペックは以下の通り。

製品名HUAWEI GR5
OSAndroid 5.1 /Emotion UI 3.1
ディスプレイ約5.5インチ
(1920×1080, FullHD, IPS)
プロセッサ(SoC)Qualcomm Snapdragon 616
(1.5GHz×4+1.2GHz×4, オクタコア)
メインメモリ2GB
ストレージ16GB
外部メディア規格microSD/最大128GB
カメラメインカメラ : 1300万画素(F2.0/AF/BSI)
インカメラ : 500万画素(F2.4/FF/BSI)
WifiIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz帯のみ)
BluetoothBluetooth 4.1
NFCなし
GPSGPS, AGPS, GLONASS
センサー類指紋
SIMタイプmicroSIM×1
ネットワーク周波数帯[LTE] : Band 1, 3, 5, 7, 8, 19, 28, 40
[W-CDMA] : Band 1, 5, 6, 8, 19
バッテリー容量3000mAh(一体型)
連続通話時間約26時間(3G)
連続待受時間約740時間(LTE)
約740時間(3G)
本体サイズ高さ151.3mm×幅76.3mm×暑さ8.15mm
重量約158g
製品公式Huawei - HUAWEI GR5 - 携帯電話 - 機能

 

メタルボディ・オクタコア・1300万画素カメラ・指紋センサーガウリ

HUAWEI GR5.-2

HUAWEI GR5は5.5インチ403ppi, IPSパネルのFullHD大画面にエレガントなデザインのメタルボディを採用。今回採用されたメタルボディは通常は高価格帯で使用されているもので、値段以上の高級感溢れる外観を実現しています。

更に3000mAhの大容量バッテリーで、平均的なユーザーで約35時間、ヘビーユーザーでも約24時間電池容量を気にすることなく使用可能です。

honor6 PlusやHUAWEI P8liteなどのHUAWEI製SIMフリースマートフォンは、ファーウェイ傘下の「HiSilicon」という半導体メーカーが製造しているSoCを採用していたんですが、このHUAWEI GR5ではQualcommのSnapdragon 616を採用してます。よくわからない心変わりが見られます。

1300万画素のメインカメラは、開口部F2.0のレンズに反射及び指紋防止コーティングが施され、より多くの光を取り込んだ鮮明な画質を演出します。食べ物の撮影に特化したフードビューティーや70mmマクロ撮影、スローモーション差杖に加えてコマ抜きモードで印象的な動画なども楽しめます。

HUAWEI GR5.-1jpg

指紋センサー2.0を搭載し、360°どんな角度からでも好感度指紋センサーによって0.5秒で認識することができます。長押しでの電話の応答や写真の撮影、上下スワイプで通知エリアの開閉など、優れた画面操作も伴い利便性がアップしました。

ネットワーク周波数帯もdocomoのプラチナエリアのLTE Band 19やFOMAプラスエリアのW-CDMA Band 6/19に対応しています。プラスエリアおじさんも安心して利用できます。また、SoftBankのLTE周波数帯(Band 1, 3, 8)にも対応しているのでSoftBankやY!mobileのSIMを刺しても運用できますね。

 

個人的なイメージだとHUAWEI P8liteの上位モデルかなという感じ。




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.