GIGABYTEの「GA-H170-D3HP」「GA-H170-D3H」スペック比較

2015/09/16

GA-H170-D3HPGIGABYTEのH170マザー「GA-H170-D3HP」「GA-H170-D3H」の違いについて。

「GA-H170-D3HP」「GA-H170-D3H」スペック比較

製品名GA-H170-D3HPGA-H170-D3H
チップセットH170チップセット
フォームファクタATX
CPUIntel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケットLGA1151
対応しているメモリDDR4-2133
メモリスロット数4(最大で64GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート66
SATA Express22
M.211
【拡張スロット】
PCI Ex 3.0 x1611
PCI Ex 3.0 x411
PCI Ex 3.0 x422
PCI33
【その他】
LANIntel I219VIntel I219V
オーディオRealtek ALC1150Realtek ALC1150
【バックパネル】
PS/211
HDMI11
DVI-D11
D-Sub11
LAN(RJ45)11
USB3.1 type-C1-
USB3.034
USB2.022
オーディオジャック66

 

GA-H170-D3HPとGA-H170-D3Hの唯一の違いは、USB3.1 type-Cコネクタを搭載しているか否か。

GA-H170-D3HPはUSB3.1 type-Cコネクタを搭載していますが、GA-H170-D3Hは搭載していません。

 

次世代SATA Expressを搭載

GIGABYTE-SATAExpress

SATA ExpressはPCI-ExpressおよびSATAの双方の利点を組み合わせ、 従来のSATA3と比べて圧倒的に速い16Gb/s帯域でのデータ転送速度を提供します。

Z97マザーボードではSATA Expressの帯域は最大10Gb/sだったので1.6倍になりました。

Dual PCIe Gen3 x4 M.2を搭載。RAID構成も可能

GIGABYTE-DualM2

PCIe Gen.3 x4で接続された2つのオンボードM.2コネクタは32Gb/s帯域を有し、PCIeおよびSATA M.2機器に対応しています。また、RAID機能を使用できます。

Z97マザーボードではM.2スロットの帯域は最大10Gb/sだったので3.2倍になりました。

 

Intel製USB3.1コントローラを採用、USB3.1 type-Cポートを搭載

GIGABYTE-Intel-USB3.1-Controller

他社のマザーボードのUSB3.1コントローラはASMedia製の物がほとんどですが、この3つのマザーボードはIntel製のUSB3.1コントローラを採用しています。

GIGABYTE-Intel-USB3.1-Controller2

Intel USB3.1コントローラーはPCIe Gen3を4レーン使用、最大32Gb/sの帯域を確保します。これにより、USB3.1の1ポートにつき10Gb/sの転送速度を可能にしています。

USB3.0の2倍の転送速度を誇るUSB3.1は、従来規格のUSB Type-Aコネクタに加え、裏表リバーシブル挿入が可能なUSB Type-Cコネクタを採用し、あらゆるデバイスが接続可能です。

 

H170マザーボードでもあなどれない性能になっています。

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, まとめ/比較
-, , ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.