Fractal Designからミドル/フルタワーPCケース「Define 7/7 XL」シリーズ発売

Fractal Designからミドル/フルタワーPCケース「Define 7/7 XL」シリーズが発売されます。

「Define 7/7 XL」シリーズが発売

Fractal Design、国内正規代理店アスクは2020年2月21日、PCケース「Define 7/7 XL」シリーズを2020年2月28日に発売することを発表しました。

ミドルタワー型のDefine 7と、フルタワー型のDefine 7 XLを発売し、それぞれ複数のカラーや、サイドパネルの異なる様々なラインナップが用意されています。

ラインナップと価格は以下の通り。TGと記載されているものがサイドパネルが強化ガラス製になっています。

ラインナップ市場想定価格
Define 7Black Solid2万5300円前後
Black/White Solid
Gray Solid
White Solid
Define 7 TGBlack TG Light Tint
Black TG Dark Tint
Black/White TG Clear Tint
Gray TG Light Tint
White TG Clear Tint
2万7500円前後
Define 7 XL Solid3万3000円前後
Define 7 XL TGBlack TG Light Tint
Black TG Dark Tint
3万5200円前後

共通して、3面のパネルを開閉可能で、新型設計の交換可能なシャーシを採用していることで組み込みとケーブル配線の手間を大幅に緩和できます。

トップパネルには、静音性特化のスチールパネルもしくは、冷却重視の換気パネルへと手軽に交換ができます。

サイドパネルは簡単に取り外せるスクリューレス、トップラッチ構造になっており、落下を心配することがありません。

大型ラジエータを使用して水冷も構築可能な標準のオープンレイアウトと、優れたストレージ収納を誇るストレージレイアウトに変更可能です。

フロント、トップ、サイドパネルには吸音素材が貼り付けられており、静音性の優れた構造になっています。

Define 7シリーズ

ケースタイプミドルタワー
対応マザーボードE-ATX(幅最大285mm)、ATX、microATX、Mini-ITX
対応電源ATX 12V(ドライブケージ搭載時:最大250mm)
対応グラフィックボード最大491mm(ストレージレイアウト時:最大315mm)
対応CPUクーラー全高185mm
拡張スロット7+2
ドライブベイ外部5.25インチ×1、内部3.5/2.5インチ共用×3、内部2.5インチ×2
(ストレージレイアウト時:外部5.25インチ×1
内部3.5/2.5インチ共用×7、内部2.5インチ×2)
対応ラジエータ上面:420/360/280/240/140/120mm(5.25インチドライブ非搭載時)
前面:360/280/240/140/120mm(5.25インチドライブ非搭載時)
背面:120mm
底面:280/240/140/120mm
搭載可能ファン上面:140/120mm×3
前面:140/120mm×3
背面:140/120mm×1
底面:140/120mm×2
付属ファン前面:140mmファン×2(Dynamic X2 GP-14)
背面:140mmファン×1(Dynamic X2 GP-14)
I/OポートUSB 3.1 Gen 2 Type-C×1、USB 3.0×2
USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法240(W)×475(H)×547(D) mm
重量13.49kg(Define 7 Solid)
13.45kg(Define 7 TG)

Define 7 Solid

Define 7 TG

Define 7 Solid、Define 7 TGともに基本的なスペックは同じです。異なるのはサイドパネルとカラー、重さで、Define 7 Solidは通常のソリッドパネル、Define 7 TGは強化ガラスパネルが採用されています。

Define 7 Solidは、本体カラーが4種ラインナップ。Define 7 TGは、本体カラー4種と強化ガラスパネルのカラー3種の組み合わせで、5種がラインナップされています。重さはDefine 7 Solidが13.49kg、Define 7 TGが13.45kgです。

フォームファクタはE-ATX(幅最大285mm)、ATX、microATX、Mini-ITX。

オープンレイアウトにおいては、前面で最大360mm、上面で最大420mm、底面で最大280mmのラジエーターを設置可能です。

最大285mmのE-ATXマザーボードや、新型マルチブラケットにより未使用のファン取付位置へHDD、SSD、ポンプ、リザーバーを取付可能。

別売りFlex VRC PCIeライザーによりGPUカードの垂直取り付けにも対応しています。

ストレージレイアウトでは、最大14台のHDD、4台のSSD、1台のODDを搭載可能で、5.25インチODDベイは140mmファンマウントとフィルター付きルーバーカバー構成に変更可能です。

120/140mmファンを最大9箇所に取付可能で、すでにDynamic X2 GP-14ファンを3基取付済みとなっています。

Define 7 XLシリーズ

ケースタイプフルタワー
対応マザーボードE-ATX、ATX、microATX、Mini-ITX、EE-ATX、SSI-CEB、SSI-EEB
対応電源ATX 12V(ドライブケージ搭載時:最大250mm)
対応グラフィックボード最大549mm(ストレージレイアウト時:最大359mm)
対応CPUクーラー全高185mm
拡張スロット9+3
ドライブベイ外部5.25インチ×2、内部3.5/2.5インチ共用×6、内部2.5インチ×2
(ストレージレイアウト時:外部5.25インチ×2、
内部3.5/2.5インチ共用×8、内部2.5インチ×2)
対応ラジエータ上面:480/420/360/280/240/140/120mm(5.25インチドライブ非搭載時)
前面:480/420/360/280/240/140/120mm(5.25インチドライブ非搭載時)
背面:120mm
底面:280/240/140/120mm
搭載可能ファン上面:140mm×3または120mm×4
前面:140mm×3または120mm×4
背面:140/120mm×1
底面:140/120mm×2
付属ファン前面:140mmファン×2(Dynamic X2 GP-14)
背面:140mmファン×1(Dynamic X2 GP-14)
I/OポートUSB 3.1 Gen 2 Type-C×1、USB 3.0×2
USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法240(W)×566(H)×604(D) mm
重量16.53kg(Define 7 XL Solid)
16.64kg(Define 7 XL TG)

Define 7 XL Solid

Define 7 XL TG

同じく、Define 7 XL Solid、Define 7 XL TGともに基本的なスペックは同じです。こちらもDefine 7 Solidは通常のソリッドパネル、Define 7 TGは強化ガラスパネルが採用されています。

Define XL 7 Solidは1種のみ。Define 7 XL TGは、強化ガラスパネルのカラー2種がラインナップされています。重さはDefine 7 XL Solidが16.53kg、Define 7 XL TGが16.64kgです。

フォームファクタはE-ATX、ATX、microATX、Mini-ITX、EE-ATX、SSI-CEB、SSI-EEB。

オープンレイアウトでは、ケース内部に広大なスペースを確保する事が可能となり、大型ラジエーターを使用した本格水冷環境も構築可能です。

新設計のPSUシュラウドは2パーツ構成になっており、搭載しているパーツに合わせてサイズ調整が可能です。

別売りFlex VRC PCIeライザーを利用することで、GPUカードを垂直設置するために3スロット分を確保しています。

ストレージレイアウトでは、最大18台のHDD/SSD、5台のSSDを搭載可能で、着脱式PSUケーブルシールドとマジックテープ付きケーブルガイドを標準搭載しています。

新型マルチブラケットにより未使用のファン取付位置へHDD、SSD、ポンプ、リザーバーを取付可能、新設計の防振ゴム付きHDDトレイも採用しています。

140mmファンを最大9箇所に取付可能、120mmファンの場合は最大11か所に取付可能で、すでにDynamic X2 GP-14を3基取付済みです。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-PCケース, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2020 All Rights Reserved.