公安9課

*

ECSのKabyLake-U搭載のベアボーンキット「LIVA Z Plus」発売

   

LIVA-Z-Plus-1-1

ECSのKabyLake-U搭載のベアボーンキット「LIVA Z Plus」が発売されます。

リンクスインターナショナルは2017年9月7日、Intelの第7世代CPU「Kaby Lake」のCore i5/i3を搭載した小型ベアボーンキット「ECS LIVA Z Plus」を9月16日より発売することを発表しました。

市場想定価格はCore i3-7100Uを搭載した「LIVAZPlus (i3-7100U)」は4万4800円、Core i5-7200Uを搭載した「LIVAZPlus (i5-7200U)」は5万4800円。

スペックは以下の通り。

製品名LIVA Z Plus
型番LIVAZPlus (i3-7100U)LIVAZPlus (i5-7200U)
プロセッサIntel Core i3-7100U
2コア4スレッド
(2.4GHz, 3MB)
Intel Core i5-7200U
2コア4スレッド
(2.5GHz~3.1GHz, 3MB)
グラフィックスIntel HD Graphics 620
メモリSO-DIMM DDR4-2133対応 最大32GB(16GB×2)
空きスロット2
ストレージM.2 2242(SATA 6G)
空きスロット1
映像出力1×HDMI 1.4b 4K30Hz
1×mDP 4K60Hz
有線LAN1×Realtek RTL8111H Gigabit LAN
1×Intel® Etdernet Connection I219-V
(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
無線LANWi-Fi 802.11ac(Intelコンボカード)
BluetootdBluetootd 4.0(Intelコンボカード)
オーディオRealtek ALC283 2ch
インターフェース1×HDMI
1×mDP
2×ギガビットLANポート
3×USB 3.0
1×USB 3.0 Type-C
1×音声出力とマイクインの3.5mmコンボジャック
1×給電用DCポート
冷却方式ファンシンク
対応OSWindows 10 64Bit
保証1年
付属品1×ACアダプタ
1×ACコード
6×VESAマウント用スクリュ
1×クイックガイド
1×ドライバDVD
本体サイズ117 x 128 x 33 mm
本体重量約275g
注意事項メモリやM.2 2242 SSDの増設は本体の分解が必須
メモリやSSD増設または交換に伴う
本体の分解時の破損やその他不具合は保証対象外

 

LIVA-Z-Plus-1-2

LIVA Z Plusは、第7世代 Intel Core i3-7100U / i5-7200Uを搭載した手のひらサイズの小型ベアボーン。最大32GB、DDR4 SO-DIMMメモリ対応のメモリスロット、M.2 2242 SSDに対応した拡張スロットを備えています。

インターフェースは、HDMI×1、miniDisplayPort×1、ギガビットLANポート×2、USB3.0×3、USB3.0 type-C×1、音声出力とマイクインの3.5mmコンボジャック×1、給電用ポート×1。

 

厳しいなあと思うのがM.2 type 2242にしか対応していないことで、このタイプのM.2 SSDはかなり数が少ないです。

 





Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「ECSのKabyLake-U搭載のベアボーンキット「LIVA Z Plus」発売」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
ASUSより高度なOC対応のROGマザー「ROG CROSSHAIR VI EXTREME」発売
NEXT
ThermaltakeのTITANIUM電源「TOUGHPOWER DPS G iRGB TITANIUM 1250W」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。