docomoのネットワーク周波数帯/Bandのまとめ

投稿日:

docomoNTT docomoの使用しているネットワーク周波数帯/LTE Band, W-CDMA Bandについてのまとめと解説。

SIMフリーのスマートフォンを選ぶ上でスペックと同じくらい重要になるネットワーク周波数帯についてシンプルにまとめました。

docomoの周波数帯とdocomoの回線を使用しているMVNOの周波数帯は同じです。違いはありません。

LTEとかW-CDMAって何?

LTEとW-CDMAは通信方式のこと。

LTEは最新の通信方式で通信速度が速いです。W-CDMAは2000年頃から使われている通信方式。いわゆる「3G」のことでまだまだ現役です。

他にも色々と通信方式がありますが、docomoの回線を使用した格安SIMをSIMフリーのスマートフォンに挿して使おうと考えている人はこのLTEとW-CDMAの2つを覚えておけばいいです。

docomo LTEのBand/周波数帯まとめ

Band MHz(周波数帯) 備考
1 2100MHz 通信できるエリアが広い
3 1800MHz 東京・名古屋・大阪のみで利用可能。それ以外の地域では掴めません
19 800MHz 通信できるエリアが広い。このBand 19がdocomoの「プラチナバンド」に相当する
21 1500MHz 通信速度が早い
28 700MHz 2015年以降時期未定になっているBand。運用の実験段階なのでまだまだ先
まだまだ調整中らしい
42 3.5GHz帯とも言われている

 

docomoのLTEとして使われているのはBand 1, Band 3, Band 19, Band 21, Band 28の5つ。

LTE Band 3は東京・名古屋・大阪のみで利用可能。それ以外の地域では掴めません。Band 28は2015年に提供開始予定となっていましたが時期未定になりました。

LTE Band 28は現在も運用の実験段階(基地局が1つくらいしかない)であるため、正式に提供されるのはまだまだ先です。

LTE Band 42は2016年6月からサービス開始されていますが、docomoでさえ、2017年7月7日に発売されたシャープ製のAndoridスマートフォン「AQUOS R SH-03J」で"スマートフォンとしては"初めてLTE Band 42に対応しています。

それよりも前にdocomoで発売されたスマートフォンがLTE Band 42に対応しているということはありません。

docomo 3G(W-CDMA)のBand/周波数帯まとめ

Band MHz(周波数帯) 備考
1 2100MHz FOMAサービスエリア
6 800MHz 800MHz帯再編終了前のFOMAプラスエリア。いわゆる「FOMAプラスエリア」と言われているのはこれ
9 1800MHz FOMA(関東・東海・近畿地域)
Band 9は別に意識しなくていい
19 800MHz 800MHz帯再編終了後のFOMAプラスエリア。いわゆる「FOMAプラスエリア」と言われているのはこれ

 

docomoの3G(W-CDMA)として使われているのはBand 1, Band 6, Band 9, Band 19の4つ。Band 9は別に意識しなくてもいいです。

Band 6とBand 19がFOMAプラスエリアとして使われている周波数帯/Bandです。FOMAプラスエリアに対応していると山間部や田舎でも繋がりやすいとされています

ちなみに、LTEのBand 19の電波が掴めなかった場合はW-CDMAのBand 6かBand 19の電波を探しにいきます。それでも掴めなかった場合は圏外となります。

FOMAプラスエリアは実質Band 6のみ

FOMAプラスエリアとして使われているのはW-CDMAのBand 6, Band 19の2つですが、W-CDMAのBand 19はXi 800MHz帯(LTE Band 19)のエリア拡大に伴いサービス地域がほぼ消滅しています。

簡単に言うと、docomoがLTEのサービスエリア(LTE Band 19)を拡大するためにW-CDMAのBand 19は犠牲になったということです。

というわけで、FOMAプラスエリアとして使われているのは実質W-CDMAのBand 6のみです。

また、W-CDMAのBand 6とBand 19に関しては以下のような記載があります。

W-CDMAにおけるNTTドコモ様の800MHz帯(FOMAプラス)にはBand6とBand19があり、弊社の製品(CP-D02, CP-F03a, FLEAZ F5)が対応し、技適を取得しているのはBand6です。
Band19は2012年の800MHz帯再編終了時に見直されたバンドですが、NTTドコモ様においては共通の基地局であり、Band6対応機とBand19対応機は同様に接続できます。Band19対応機しかつながらないエリアがあるわけではなく、カバーエリアにも差はございません。安心して引き続きご利用下さいますよう御願い致します。

covia - ネットアプライアンスのブランド「Covia」: 弊社SIMフリースマートフォン800MHz帯の対応バンドについて

SIMフリーのスマートフォンはW-CDMAのBand 6は対応しているけどBand 19には対応していないという物が多く、「W-CDMAのBand 19に対応していないからFOMAプラスエリアに対応していない!」と騒ぐ人がいます。

しかし、上の引用にあるようにdocomoにおいては、W-CDMAのBand 6とBand 19は共通の基地局であり、Band 19に対応しているスマートフォンしかつながらないエリアがあるわけではなく、カバーエリアにも差はありません。

 

以上。参考になれば幸いです。

 

安心・オトクな格安スマホは楽天モバイル

バナー原稿imp




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!


UQ mobileで現金キャッシュバックキャンペーン実施中!

当サイト限定のお得なキャンペーン

UQ mobile公式が用意したキャッシュバックキャンペーン専用ページを経由してUQ mobileのSIMやスマホを申し込むと現金最大1万3000円キャッシュバック!契約月から4ヶ月目に指定した銀行口座に振込。口座指定後は原則翌営業日にキャッシュバックが振り込まれます。

Androidスマホ、話題のスマホ、SIMのみの申し込みがキャンペーン対象。クレジットカード払い・口座振替どちらでも申込可能でキャンペーン対象です。

関連記事




  「docomoのネットワーク周波数帯/Bandのまとめ」をSNSでシェア

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-MVNO, まとめ/比較
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.