Corsairのデュアルチャンバー構造のミドルタワー型PCケース「Carbide Air 740」発売

carbide-air-740-1

Corsairのデュアルチャンバー構造のミドルタワー型PCケース「Carbide Air 740」が発売されます。

     

アスクは2016年10月7日、Corsair社製のミドルタワー型PCケース「Carbide Air 740」を10月15日に発売することを発表しました。予想市場価格は税抜2万6800円。

Carbide Air 740のスペックは以下の通り。

製品名Carbide Air 740
ケースタイプミドルタワー
材質スチール
対応マザーボードATX、microATX、Mini-ITX
対応電源ATX 12V(最大225mm)
対応グラフィックスボードフルサイズ(最大320mm)
対応CPUクーラー全高180mm
拡張スロット8
ドライブベイ内部3.5インチ×3、内部2.5インチ×4
搭載可能ラジエータ上面:280/240/140/120mm×1
前面:360/280/240/140/120mm×1
背面:140/120mm×1
底面:280/240/140/120mm×1
搭載可能ファン上面:140/120mm×2
前面:140mm×2または120mm×3
背面:140/120mm×1
底面:140/120mm×2
付属ファン前面:140mmファン×2(AF140L)
背面:140mmファン×1(AF140L)
I/OポートUSB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1、LEDコントロールスイッチ×1
外形寸法340(W)×510(H)×426(D) mm
重量約8.82kg
製品公式Carbide Air 740 製品情報 CORSAIR ミドルタワー型PCケース | 株式会社アスク
Carbide Series® Air 740 High Airflow ATX Cube Case

 

carbide-air-740

Carbide Air 740はマザーボード搭載部とストレージおよび電源の搭載部をセパレートしたデュアルチャンバー構造を採用。最大320mmまでの拡張カードを搭載可能なスペー スを確保しており、エアフローに優れたシステムを構築することが可能です。また、ケース各所にホコリの侵入を防ぐダストフィルターを装備しており、メンテナンス性にも優れています。

前面には最大360mmサイズ、底面には最大280mmサイズのラジエーターを取り付け可能。CPUクーラーは全高180mmまで対応。また、前面と背面にCORSAIR製の140mmファン「AF140L」を標準装備するほか、最大8基のケースファンを搭載可能となっており、熱源となるCPUやグラフィックスボードなどのパーツにダイレクトなエアフローを構築可能です。

簡単にドライブを取り付けできるツールフリー設計を採用しており、HDDは最大3台、SSDは最大4台搭載可能。また、電源ユニット搭載部をストレージ搭載部と同じ空間にすることで優れたケーブルマネジメントを実現しています。

 


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-PCケース, ニュース
-,

© 2020 公安9課