Cooler MasterからミニタワーサイズのATX対応PCケース「MasterBox Q500L」発売

Cooler MasterからミニタワーサイズのATX対応PCケース「MasterBox Q500L」が発売されます。

     

Cooler Master Technologyは2019年10月28日、ATX対応PCケース「MasterBox Q500L」を2019年11月1日より発売することを発表しました。市場想定価格は6980円。

スペックは以下の通り。

製品名MasterBox Q500L
製品型番MCB-Q500L-KANN-S00
外装カラーブラック
主材料 - 本体スチール、プラスチック
主材料 - サイドパネルアクリル樹脂
製品寸法(LxWxH)386(L) x 230(W) x 381(H) mm
対応マザーボードATX, Micro ATX, Mini ITX
拡張スロット7
5.25" ドライブベイ0
2.5" / 3.5" ドライブベイ (共用)2 (1箇所に付き HDDx1 または SSDx2)
2.5" ドライブベイ0
I/OパネルUSB 3.0 x2, 3.5mm オーディオジャック x1, 3.5mmマイクジャック x1
付属ケースファン - リア120mm x1
対応ケースファン - トップ120/140mm x2
対応ケースファン - リア120mm x1
対応ケースファン - ボトム120mm x2
対応水冷ラジエータ - トップ120 / 240mm (マザーボードコンポーネントの高さ35mmまで)
対応水冷ラジエータ - リア120mm
クリアランス - CPUクーラー160mm/6.29"
クリアランス - 電源ユニット180mm/7.08"
クリアランス - グラフィックスカード360mm/14.17" (電源ユニットが160mm以上の場合は270mmまで)
裏配線スペース27-30mm
ダストフィルターボトム
電源ユニットトップ/フロント マウント, ATX PS2対応
公式サイトCooler Master: MasterBox Q500L

MasterBox Q500Lは、ミニタワーサイズながらATXサイズのマザーボードに対応した超コンパクトPCケース。

左サイドにはフチなしのアクリル製クリアサイドパネルを搭載。トップ、フロント、リア、ボトムの4面にはパンチング加工を施したパネルを採用しています。

幾何学模様がデザインされたダストフィルターが装備されており、マグネット式なので簡単に取り外すことができます。

横置きに対応しており、ケースの置き方に応じてI/Oパネルの位置を付け替えることが可能。

また、電源ユニットブラケットによって電源の位置をマザーボードのサイズに応じて変えることができます。

上下に位置を調整することで水冷ラジエータやグラフィックカードのスペースを確保できたり、mini-ITX使用時には標準的なボトムマウントの位置にすることも可能です。

マザーボードの背面には、27-30mmの専用スペースを設けることで配線がしやすくなっています。


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-PCケース, ニュース
-

© 2020 公安9課