Coincheck(コインチェック)の日本円入金方法を解説。注意点などまとめ!

投稿日:2018/01/13 更新日:

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)での日本円入金方法を解説します!





Coincheck(コインチェック)とは?

Coincheck(コインチェック)は、2014年8月に開設された、日本の仮想通貨取引所です。

取り扱っている銘柄は全部で13種類(2018年1月時点)。日本国内の仮想通貨取引所の中では最多数のコインを取り扱っています。

仮想通貨を始めたい!と考えたらとりあえずCoincheckを登録することをおすすめします。本人確認にも少し時間がかかるので!

Coincheck(コインチェック)に入金しよう

新規登録、本人確認を終えたらさっそく入金してみましょう。入金にも時間がかかる場合があるので、いざという買い時に買えなかったら困ります。

トップページの上部バーから「入金」もしくは「ウォレット>日本円/USドルを入金する」をクリック。

入金方法は3種類、手数料の違い

Coincheckへの入金方法は、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類が存在します。

銀行振込はその名の通り、コンビニ入金は「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」「ファミリーマート」「サークルK・サンクス」での店頭端末を用いての入金、クイック入金は「ペイジー」を利用します。

銀行振込は銀行営業日による処理になるため時間がかかる場合があります。コンビニ入金とクイック入金は24時間365日決済可能のため、即入金が反映されます。

各入金方法の手数料は以下。

銀行振込 振込手数料
コンビニ入金
クイック入金
3万円未満 756円
3万円以上50万円未満 1000円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円

銀行振込の振込先口座は、りそな銀行と住信SBIネット銀行があります。

これらの口座を持っている方ならもちろん振込手数料は無料、それ以外の口座からですとそれぞれの他行への振込手数料がかかりますが、銀行、取引状況によっては振込手数料が無料だったりするかもしれません。自分の持っている口座の、他行への振込手数料を調べてみましょう。

コンビニ入金とクイック入金はどちらも手数料が756円~かかってしまいます。銀行振込よりも安いというならいいのですが、おそらくほとんどのところは756円よりは安いです。

手数料で無駄にお金を消費してしまうのはもったいないので、時と場合にもよりますが急いでないときは、もっとも安い方法を選びましょう。

銀行振込で入金

銀行振込での振込先口座は「りそな銀行」「往信SBIネット銀行」です。

りそな銀行への振込の場合、口座番号が利用者により異なります。

往信SBIネット銀行への振込の場合、ユーザーIDが指定されていて、振込人名義を「ユーザーID あなたのお名前」にする必要があります。これを行わないとあとでお問合わせから再度情報を送信しなければいけなくなります。注意しましょう。

振込人名義が、Coincheckアカウントの登録名義人と同一の必要があります。必ず同じ名義の口座で振込を行いましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コンビニ入金

コンビニ支払いの利用には、SMS(電話番号)認証と本人確認認証が必要です。3000円からの受付、また一回あたりの上限金額は29万9500円となります。(一日あたりの上限金額はなし)

手数料は、3万円未満は756円、3万円以上は1000円です。

必要情報と、入金額を入力し、「決済申請」をクリック。

「ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクス」か「ファミリーマート」かのどちらかを選択。

受付番号などが表示されます。番号をメモ、もしくはメールアドレスを入力して情報を送信しておきましょう。それぞれ、コンビニの端末を用いての入金作業となりますが、端末の利用方法についてはこの画面の以下に詳しく書かれています。

コンビニに行って支払いをしましょう。支払いが完了次第、ウォレットに入金が反映されます。

注意点

  • コンビニ入金した日本円合計額の半額に相当する資産は入金日より7日間移動することができません
  • レバレッジアカウントへの資金移動(振替)においても移動は制限されます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

クイック入金

クイック入金はペイジーを利用します。ペイジー支払いとは、銀行の窓口などに並ぶことなく、パソコン・携帯電話・ATMから料金のお支払いができるサービスです。

ペイジーに対応した銀行口座を持っている必要があります。対応銀行一覧はこちら→ペイジー対応銀行一覧

クイック入金の利用には、SMS(電話番号)認証と本人確認認証が必要です。3000円からの受付になります。

手数料は、3万円未満は756円、3万円以上50万円未満は1000円、50万円以上は入金金額×0.108% + 486 円です。

必要情報と、入金額を入力し、「決済申請」をクリック。

「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」をメモするか、メールアドレスを入力して情報を送信しておきましょう。

下部にペイジーの利用方法が記載されています。

当てはまるものをクリックし、表示される支払い方法に従って入金を行いましょう。支払いが完了次第、ウォレットに入金が反映されます。

注意点

  • クイック入金した日本円合計額に相当する資産は入金日より7日間移動することができません
  • レバレッジアカウントへの資金移動(振替)においても移動は制限されます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

以上で入金が終わりました。早速コインの取引を開始しましょう!

手数料を節約したいときは銀行振込、すぐに入金して取引しなければいけないときはコンビニ入金、またはクイック入金を利用しましょう。




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!


UQ mobileで現金キャッシュバックキャンペーン実施中!

当サイト限定のお得なキャンペーン

UQ mobile公式が用意したキャッシュバックキャンペーン専用ページを経由してUQ mobileのSIMやスマホを申し込むと現金最大1万3000円キャッシュバック!契約月から4ヶ月目に指定した銀行口座に振込。口座指定後は原則翌営業日にキャッシュバックが振り込まれます。

Androidスマホ、話題のスマホ、SIMのみの申し込みがキャンペーン対象。クレジットカード払い・口座振替どちらでも申込可能でキャンペーン対象です。

関連記事




  「Coincheck(コインチェック)の日本円入金方法を解説。注意点などまとめ!」をSNSでシェア

  • この記事を書いた人

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-仮想通貨, 解説
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.