ASUSTeKよりH110チップセット搭載&DDR3/L対応microATXマザー「H110M-E D3」発売

H110M-E D3ASUSTeKよりH110チップセット搭載&DDR3/DDR3Lメモリ対応microATXマザー「H110M-E D3」が発売されました。

     

ASUSTeKは2015年11月6日、Intel H110チップセットを搭載し、DDR3/DDR3Lメモリに対応したmicroATXサイズのマザーボード「H110M-E D3」を日本市場向けに発売することを発表しました。また、同日より販売を開始しています。

主なスペックは以下の通り。

製品名 H110M-E D3
チップセット H110チップセット
フォームファクタ microATX
CPU Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケット LGA1151
対応しているメモリ DDR3-1866/1600/1333
※DDR3Lメモリも対応との表記あり
メモリスロット数 2(最大で32GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート 4
【拡張スロット】
PCIe 3.0/2.0 x1 1
PCIe 2.0 x1 2
【その他】
LANポート Realtek RTL8111H
オーディオ Realtek ALC887
【バックパネル】
PS/2 2(mouse, keyboard)
HDMI 1
D-Sub 1
LAN(RJ45) 1
USB3.0 2
USB2.0 4
オーディオジャック 3
製品公式 H110M-E D3

 

H110M-E D3の最大の特徴は、DDR3/DDR3Lメモリに対応していることにあります。それ以外は特にこれといった特徴はありません。

チップセットはZ170→H170→B150→H110とグレードが下がっていきます。H110M-E D3が搭載しているH110チップセットは最下位のチップセットなのでポート・コネクタ数が少ないです。

SATA3ポートに光学ドライブやHDDなど最低限のものしか繋げていない人、DDR3メモリが余っているのでサブ機を組むことを考えている人、予算がないのでSkylake版Core i3, Pentium, CeleronとDDR3メモリを組み合わせたいという人には良いと思います。

しかし、お金がある人やDDR3メモリを持っていない人は、Z170マザー or H170マザー + DDR4メモリを買ったほうが幸せになれます。

DDRメモリとDDR3メモリの価格差は小さくなっていっています。次の世代になってもDDR3メモリが使えるとは限らないですし、ここらでスパっとDDR4メモリに移行してはいかがでしょう?DDR3メモリを持ってないけど、DDR3メモリのほうが安いからって買うといずれ後悔しますよ。



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課