ASUSTeKよりH110チップセット搭載&DDR3/L対応microATXマザー「H110M-E D3」発売

2015/11/07

H110M-E D3ASUSTeKよりH110チップセット搭載&DDR3/DDR3Lメモリ対応microATXマザー「H110M-E D3」が発売されました。

ASUSTeKは2015年11月6日、Intel H110チップセットを搭載し、DDR3/DDR3Lメモリに対応したmicroATXサイズのマザーボード「H110M-E D3」を日本市場向けに発売することを発表しました。また、同日より販売を開始しています。

主なスペックは以下の通り。

製品名H110M-E D3
チップセットH110チップセット
フォームファクタmicroATX
CPUIntel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケットLGA1151
対応しているメモリDDR3-1866/1600/1333
※DDR3Lメモリも対応との表記あり
メモリスロット数2(最大で32GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート4
【拡張スロット】
PCIe 3.0/2.0 x11
PCIe 2.0 x12
【その他】
LANポートRealtek RTL8111H
オーディオRealtek ALC887
【バックパネル】
PS/22(mouse, keyboard)
HDMI1
D-Sub1
LAN(RJ45)1
USB3.02
USB2.04
オーディオジャック3
製品公式H110M-E D3

 

H110M-E D3の最大の特徴は、DDR3/DDR3Lメモリに対応していることにあります。それ以外は特にこれといった特徴はありません。

チップセットはZ170→H170→B150→H110とグレードが下がっていきます。H110M-E D3が搭載しているH110チップセットは最下位のチップセットなのでポート・コネクタ数が少ないです。

SATA3ポートに光学ドライブやHDDなど最低限のものしか繋げていない人、DDR3メモリが余っているのでサブ機を組むことを考えている人、予算がないのでSkylake版Core i3, Pentium, CeleronとDDR3メモリを組み合わせたいという人には良いと思います。

しかし、お金がある人やDDR3メモリを持っていない人は、Z170マザー or H170マザー + DDR4メモリを買ったほうが幸せになれます。

DDRメモリとDDR3メモリの価格差は小さくなっていっています。次の世代になってもDDR3メモリが使えるとは限らないですし、ここらでスパっとDDR4メモリに移行してはいかがでしょう?DDR3メモリを持ってないけど、DDR3メモリのほうが安いからって買うといずれ後悔しますよ。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイルオンラインストアSIMを契約すると5000円相当還元!毎日21時から朝8時59分までのタイムセール中は7000円相当還元に増額中!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,