Apacerのエントリー向けSSD「Thunderbird AST680S」スペックまとめ

2015/11/07

Thunderbird AST680

Apacerのエントリー向けSSD「Thunderbird AST680S」スペックまとめ。

Thunderbird AST680S スペック

製品名 AP480GAST680S-1AP240GAST680S-1 AP128GAST680S-1AP64GAST680S-1
容量480GB240GB128GB64GB
フォームファクタ2.5インチ
インターフェースSerial ATA 6Gb/s
コントローラPhision製
NANDフラッシュ東芝TLC NANDMLC NAND
シーケンシャルリード525MB/s520MB/s525MB/s440MB/s
シーケンシャルライト500MB/s500MB/s380MB/s205MB/s
対応コマンドNCQ, Trim
設置タイプ内蔵
厚さ7mm
保証期間3年間

 

AST680S はSSDの普及をになうアペイサーの最新製品。SATAⅢインターフェースを採用し、先進の8チャンネル同時転送デザインによる6.0 Gbit/sの高速転送を実現しています。これにより、読み込み最大525B/s、書き込み最大500MB/sの速度を達成しています。さらに AST680Sは、同レベルの他社製品に比べて優れたコストパフォーマンスを実現しており、ユーザーは簡単なアップグレード方法により525MB/sの読み込み速度を体験することが出来ます。

AST680Sシリーズは、64GB、128GB、240GB、及び480GBのラインナップを提供し、ノートPCをアップグレードした場合は性能の向上を体感することができます。PCの起動時間やアプリケーション起動時間はかなり向上し、20Gの振動や1500Gショックからも保護されます。外出先でHDD故障やデータ破損の心配も無くなるのでノートPCに有効なアップグレードです。

64GBモデル、128GBモデルはMLC NANDの製造メーカー不明。240GBモデル、480GBモデルは東芝製のTLC NANDを搭載しています。コントローラはどちらもPhision製のようです。ランダムアクセス性能はメーカーの製品詳細を見ても記載されていませんでした。

AST680Sシリーズは高度なウェアレベリング機能とECC機能を搭載しTRIMコマンドに対応しています。これらの機能はSSDの寿命を伸ばし安定性を改善するだけではなく長期にわたり性能を維持します。さらに、AST680SシリーズはDEVSLPモード(デバイススリープ)をサポートし低消費電力量を実現。ノートPCのバッテリ寿命を効果的に伸ばすことが可能です。

 

スペックは悪くないので安めのSSDが欲しかった人はぜひ。

 

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, まとめ/比較
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.