DaydreamとTangoをサポートするASUS「ZenFone AR」発表。SD821・メモリ最大8GBを搭載

zenfonear

DaydreamとTangoをサポートするASUS「ZenFone AR」が発表されました。

ASUSはGoogleのDaydreamとTangoの両方のプラットフォームをサポートするスマートフォン「ZenFone AR」を正式発表しました。2017年Q2に発売するとしており、具体的な時期や価格などについては発表しませんでした。

詳細なスペックは以下の通り。

製品名ZenFone AR
型番AS571KL
OSAndroid 7.0+ZenUI 3.0
ディスプレイ5.7インチ
2560×1440, WQHD, AMOLED
Gorilla Glass 4
プロセッサQualcomm Snapdragon 821
(2.35GHz)
メインメモリ6GB / 8GB
ストレージ32GB / 64GB / 128GB /256GB
カメラ(背面/前面)【背面】2300万画素【前面】800万画素
外部メディア規格microSD(最大2TB)
WifiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.2
GPSGPS/A-GPS/GLONASS/BDS
SIMタイプnmanoSIM×2
ネットワーク周波数帯不明
バッテリー容量3300mAh
USB2.0 type-C
Quick Charge 3.0
PowerDelivery 2.0
高さ×幅×奥行158.67 x 77.7 x 4.6 ~ 8.95 mm
重量170g
製品公式

 

zenfonear-2

ZenFone ARは世界ではじめてGoogle TangoおよびDaydreamに対応したスマートフォン。TangoはGoogleのARプラットフォーム、DaydreamはGoogleのVRプラットフォーム。

5.7インチAMOLEDディスプレイを採用し、解像度はWQHD(2560×1440)、Snapdragon 821、メモリ最大8GB、ストレージ最大256GBを搭載。ARとVR体験のために超高速なパフォーマンスを実現するように構築されています。カメラはSONY IMX 318センサーを採用した2300万画素のカメラを搭載。

ZenFone ARにはCPUとGPUをより効率的に動作させ、加熱を防止するための蒸気冷却システムを搭載しています。これについての詳細は不明。

zenfonear-3

フレームは金属、背面は革を使用しているようです。

 

基本スペックが高く、外観や質感も悪くなさそうなのででARやVRに興味が無いという人でも欲しくなってくる人はいるのではないでしょうか。日本で発売されるスペックがどうなるかは分かりませんが…。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • 2021年12月3日からUQ応援割実施中!くりこしプランM/L契約で18歳以下の子供や家族がお得に
  • SIMカードやeSIMのみ契約でau PAY残高最大1万円相当還元
  • スマホ契約時は最大2万2000円割引あり!他社に乗り換えならSIMフリー版を購入するよりも安い
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!

ahamoを他社から乗り換え+SIMカードで契約するとdポイント(期間・用途限定)7000pt還元還元!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページキャンペーンにエントリーして、ahamo公式サイトからドコモ以外の他社からahamoに乗り換えで、SIMカードまたはスマホを契約すると、dポイント(期間・用途限定)が7000ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-,