ASUSのIntel Z270搭載ワークステーションマザー「Z270-WS」発売。M.2&U.2&PCIeによる3Way RAID 0対応

投稿日:2017/10/26 更新日:

Z270-WS

ASUSのIntel Z270搭載ワークステーションマザー「Z270-WS」が発売されます。

ASUSは2017年10月26日、Z270ワークステーションマザーボード「Z270-WS」を2017年11月10日より販売開始することを発表しました。価格はオープン。

製品名
Z270-WS
対応CPU
Intel Core i7/i5/i3、Pentium、Celeronシリーズ
対応ソケット
LGA1151
チップセットIntel Z270 チップセット
対応メモリDDR4-3866×4(最大64GB)
画面出力端子
DisplayPort×1
HDMI×1
拡張スロット
PCIe 3.0 x16×4
PCIe 3.0 x4×1
ストレージ機能
M.2×2
U.2×2
SATA 6Gb/s×6
USB機能
USB 3.1 Gen 2×3
USB 3.1 Gen 1×6
USB 2.0×6
ネットワーク機能1000BASE-T×2
バックパネルインターフェースDisplayPort×1
HDMI×1
LAN (RJ45) port(s)×2
USB 3.1 Gen 2 (teal blue)Type-A×1
USB 3.1 USB Type-C ×1
USB 3.1 Gen 1 ×4
USB 2.0 ×4
Optical S/PDIF out×1
USB BIOS Flashback Button(s)×1
8-channel Audio I/O×1
フォームファクター(サイズ
ATX(305mm×244mm)

 

Z270-WS-1
ASUS Z270-WSは最大4つの2スロット占有型グラフィックスカードを搭載可能で、4-WayまでのNVIDIA GeForce SLI、AMD CrossFireX、2-Way NVIDIA Quadro SLIに対応。

プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上したPCI Expressスロットの「SafeSlot」を搭載。従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度、引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

2つのLANポートはチーミングされているため、より速い転送速度のための帯域幅の向上、自動化されたロードバランシングによるデータフローの円滑化、および問題発生時の即時フェイルオーバーといった恩恵を受けられます。
液冷ポンプやケースファンの動作を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載。

CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」に、電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」の3つのチップを搭載。CPUの性能を最大限に引き出すことが可能となっています。

 

 

情報元 : 4-WayマルチGPU、M.2/U.2/NVMe PCIeによる3-Way RAID 0といった最新のハイエンド構成に完全対応したZ270ワークステーションマザーボード




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.