ASUSからIntel X299搭載マザー「ROG RAMPAGE VI EXTREME」発売。トリプルM.2、10G LAN採用

投稿日:2017/10/24 更新日:

ROG RAMPAGE VI EXTREME

ASUSからIntel X299搭載マザー「ROG RAMPAGE VI EXTREME」が発売されます。

ASUSは2017年10月24日、Intel X299チップセットを搭載するEATXゲーミングマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME」を10月25日に発売することを発表しました。市場想定価格は円。

ROG RAMPAGE VI EXTREMEのスペックは以下の通り。

製品名
対応CPU
インテル Core X シリーズ
対応ソケット
LGA 2066
チップセット
インテル X299 チップセット
対応メモリ
DDR4- 4200×8 (最大128GB)
拡張スロット
PCIe 3.0 x16×4
(x16, x16/x16, x16/x0/x16/x8, or x16/x8/x8/x8 mode with 44-LANE CPU)
(x16, x16/x8 orx8/x8/x8 mode with 28-LANE CPU)
PCIe 3.0 x4×1
ストレージ機能
U.2×1
M.2×3
SATA 6Gb/s×6
USB機能
USB 3.1 Gen 2×3
USB 3.1 Gen 1×12
USB 2.0×2
ネットワーク機能
10GBASE-T×1
1000BASE-T×1
無線機能IEEE802.11 ad(WiGig)/ac/n/a/g/b
Bluetooth V4.1
製品公式1 x LAN (RJ45) port(s)
2 x USB 3.1 Gen 2
8 x USB 3.1 Gen 1
1 x Optical S/PDIF out
1 x Clear CMOS button(s)
1 x USB BIOS Flashback Button(s)
1 x ASUS Wi-Fi GO! module
5 x LED-illuminated audio jacks
フォームファクター(サイズ)
ExtendedATX(305mm×277mm)

 

ROG RAMPAGE VI EXTREME-1

ROG RAMPAGE VI EXTREMEは、ASUSの製品の中では最上位の製品であり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った「R.O.G.」シリーズのマザーボード。その中でもすべての面で最高を目指した超多機能なマザーボードになります。

バックパネルがマザーボードと一体になっているため、簡単にスムーズにマザーボードの取り付けが可能。カスタマイズ可能なLEDも搭載。

Intelの「IRST」および「VROC」オプションを最大限に活用することできる3つのM.2ドライブを搭載。メモリスロットと同形状の独自スロットをマザーボード上に1つ搭載しており、付属する独自の「ROG DIMM.2拡張カード」を挿すことで、M.2 SSDを最大2枚、また、基板上のROGアーマー下に1枚挿す事ができます。

電源投入、セルフテスト(POST)フェーズの間、LiveDashは、従来のPOSTコードを使用して、進捗状況を表示するOLEDパネル「LiveDash」を搭載。起動後は、CPU周波数、デバイス温度、ファン速度、またはウォータークーリングゾーンの情報のいずれか、オリジナルの画像やアニメーションを表示させることができます。

有線は10Gbps、無線は4.6Gbpsの転送速度に対応。

プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上した高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot」を搭載。従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現。

 

 


ASUS Intel X299搭載 マザーボード LGA2066対応 ROG RAMPAGE VI EXTREME【EATX



Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.