ASUSよりRTX 2080 SUPER搭載ビデオカード 2製品発売

ASUSよりRTX 2080 SUPER搭載ビデオカードが2製品発売されます。

     

RTX 2080 SUPER搭載ビデオカード発売

ASUS JAPAN株式会社は2019年8月1日、GeForce RTX 2080 SUPERを搭載したビデオカード「ROG-STRIX-RTX2080S-A8G-GAMING」「DUAL-RTX2080S-O8G-EVO」を2019年8月2日より発売することを発表しました。

市場想定価格は、「ROG-STRIX-RTX2080S-A8G-GAMING」が11万1000円前後。「DUAL-RTX2080S-O8G-EVO」が10万5000円前後。

スペックは以下の通り。

ROG-STRIX-RTX2080S-A8G-GAMING

グラフィックスコア NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
ビデオメモリ GDDR6 SDRAM 8GB
コアブーストクロック 1,830 MHz (OCモード時 1,860 MHz)
コアベースクロック 1,650 MHz (OCモード時 1,680 MHz)
メモリクロック 15,500 MHz
メモリインターフェース 256bit
インターフェース HDMI 2.0b×2
DisplayPort 1.4×2
USB Type C×1
補助電源コネクタ 8ピン+8ピン
サイズ 300 x 130 x 54 mm

MaxContactテクノロジーを採用した、GPUにダイレクトに接続する強化された銅製ヒートスプレッダを搭載。

2.7スロットデザインを利用した、より多く表面積があるヒートシンクを採用しています。追加のサーマルヘッドルームはオーバークロックの可能性を高め、ファンをさらに低速で回転させることが可能。

基板上にはファンモードの切替が可能になるスイッチも搭載しています。

ファンのハブを小さくすることでブレードを延長、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高めた3基のAxial-techファンを搭載しています。

構造的な剛性を付加し基盤の歪みを防ぎ、コンポーネントや回路を損傷から保護する高密度のPCB基盤バックプレートを搭載。また、高耐久のコンポーネント「Super Alloy Power II」を採用しています。

GPUの温度が55℃を下回るとファンの回転を止める「0dBテクノロジー」も搭載しています。

DUAL-RTX2080S-O8G-EVO

グラフィックスコア NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
ビデオメモリ GDDR6 SDRAM 8GB
コアブーストクロック 1,830 MHz (OCモード時 1,860 MHz)
コアベースクロック 1,650 MHz (OCモード時 1,680 MHz)
メモリクロック 15,500 MHz
メモリインターフェース 256bit
インターフェース HDMI 2.0b×1
DisplayPort 1.4×3
補助電源コネクタ 8ピン+6ピン
サイズ 267 x 118 x58mm

DUAL-RTX2080S-O8G-EVOは、2基のAxial-techファンを搭載しています。

すべてのはんだ付けが1工程で完了する自動化製造プロセス「Auto Extreme Technology」により、コンポーネントの熱歪みと洗浄薬品の使用回数を低減し、製造における消費電力の低減と環境への影響の低下がもたらされています。

リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフト「GPU Tweak II」も搭載。

ROG-STRIX-RTX2080S-A8G-GAMINGと同じく、高密度のPCB基盤バックプレート、GPUの温度が55℃を下回るとファンの回転を止める「0dBテクノロジー」も搭載されています。

 



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-

© 2020 公安9課