【ASUS】 ROG STRIX Z270F GAMINGとROG STRIX H270F GAMINGの違いについて

ROG STRIX Z270F GAMING

【ASUS】 ROG STRIX Z270F GAMINGとROG STRIX H270F GAMINGの違いについて。

ROG STRIX Z270F GAMINGとROG STRIX H270F GAMINGの違い

製品名ROG STRIX Z270F GAMINGROG STRIX H270F GAMING
チップセットZ270チップセットH270チップセット
フォームファクタATX
CPUIntel 第7世代/第6世代 Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケットLGA1151
対応しているメモリDDR4-3300~2400, 2133
メモリスロット数4(最大64GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート66
SATA Express--
M.222
【拡張スロット】
PCI Ex 3.0 x162(x16 or dual x8)1(x16 mode)
PCI Ex 3.0 x161(max at x4 mode)1(max at x4 mode)
PCI Ex 3.0 x144
PCI--
【その他】
LANIntel I219VIntel I219V
オーディオROG SupremeFXROG SupremeFX
【バックパネル】
PS/21(mouse/keyboard)1(mouse/keyboard)
DisplayPort11
HDMI11
DVI-D11
D-Sub--
LAN(RJ45)11
USB3.1 type-C11
USB3.1 type-A11
USB3.1--
USB3.044
USB2.0-2
光デジタル音声出力端子11
オーディオジャック56
製品公式ROG STRIX Z270F GAMING ROG STRIX H270F GAMING

 

ROG STRIXについて

ROG STRIXはゲーム用に特化したシリーズのことで、両製品の製品名にもある「F GAMING」はミドルモデルを指します。

オーバークロックが出来るかどうか

まずZ270チップセットとH270チップセットの違いとしては、Z270チップセットはオーバークロックが可能、PCI Expressレーンの分割機能に対応していることが挙げられます。H270チップセットはそれらに対応していません。

簡単にいうとCore i7-7700Kと組み合わせてオーバークロックしたいという人、グラフィックカードを複数枚挿して使いたい人はROG STRIX Z270F GAMING、オーバークロックをする予定がない、グラフィックカードは1枚だけでいい人はROG STRIX H270F GAMINGを選べばいいでしょう。

M.2スロットの挙動が異なる

どちらも最大32Gb/sの転送速度に対応するPCIe 3.0 x4接続のM.2スロットを2つ搭載しています。

ROG STRIX Z270F GAMINGはM.2 SSDでのRAID動作が可能ですが、ROG STRIX H270F GAMINGはPCIeモードでのRAID動作ができません。

この仕様を見てみるとROG STRIX H270F GAMINGはSATAモードでのRAID動作なら出来るのかな?と思いましたが、SATAモードでRAID組んでも別に旨味がないです。

M.2 SSDを2枚使ってRAID動作させたいという人はROG STRIX Z270F GAMING一択、1枚だけ使うという人はどっちでもOKです。

USB2.0ポートの有無

ROG STRIX H270F GAMINGはUS2.0ポートを2つ搭載しています。そこまで大きな違いではないでしょうが、ポート数を重視する人はでいいんじゃないでしょうか。

これ以外のバックパネルインターフェースのポートや端子数に違いはありません。

 

 


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, まとめ/比較
-,

© 2020 公安9課