ASUSからRadeon RX560搭載ビデオカード「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」発売

2017/11/18

ASUSからRadeon RX560搭載ビデオカード「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」が発売されます。

ASUSは2017年11月17日、ゲームに最適なRadeon RX560を搭載したビデオカード「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」を同日より発売することを発表しました。市場想定価格は税込2万円前後。

ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMINGのスペックは以下の通り。

製品名
ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING
グラフィックスコア
AMD Radeon RX 560
コアクロック1197 MHz (OC Mode)
1187 MHz (Gaming Mode)
1149 MHz (Base Clock)
メモリクロック
6,000MHz
メモリインターフェース
128bit
ビデオメモリ
GDDR5 SDRAM 4GB
出力インターフェース
DisplayPort 1.4×1
HDMI 2.0×1
DVI-D×1
サイズ194mm x 120mm x 35mm
製品公式ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING

 

 

 

ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMINGは、ASUSが独自にカスタマイズした高性能高耐久部品を搭載。部品の取り付けはクーラーを除く全ての部品の取り付けを自動で行うことで高い製造精度を実現しています。シュラウドとバックプレートの間にはLEDが搭載されています。

防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載

ファンブレードの先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えた、独自形状の「ウイングブレード」を搭載することで、ファンの風圧を一般的な形状のファンの約2倍(105%)に向上。

低い回転数でも十分な冷却性能を実現できます。また、GPUの温度が低いときに自動でファンを停止する「ゼロノイズ機能」を搭載。

PWMシステムファンとDCシステムファンの両方に接続できる4ピン式のハイブリッド制御ヘッダーを備えており、最適なシステム冷却を行なうことができます。

接続されたファンはGPUとCPUの両方をモニターし、より温度が高い方を基準にして自動的に動作します。広範なチューニングオプションが用意されているので、ファン回転数を調整して効率的な冷却を行うことができます。

映像入力端子はDisplayPort 1.4、HDMI 2.0、DVI-Dを1基ずつ搭載。

 

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.