ASUSのゲーマー向けMini-ITXマザー「ROG STRIX B250I GAMING」発売

投稿日:2017/06/06 更新日:

ROG STRIX B250I GAMING

ASUSのゲーマー向けMini-ITXマザー「ROG STRIX B250I GAMING」が発売されます。

ASUSは2017年6月6日、ゲーマー向けのMini-ITXマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」を日本市場向けに発売することを発表しました。

6月9日販売開始予定で、市場想定価格は税抜1万5000円前後。

ROG STRIX B250I GAMINGのスペックは以下の通り。

製品名ROG STRIX B250I GAMING
フォームファクタMini-ITX
CPU第7世代/第6世代Intel Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
メモリDDR-2400/2133
最大32GBまで認識
メモリスロット×2
拡張スロットPCIe 3.0/2.0 x1 (x16 mode)×1
ストレージSATA 6Gb/s port(s)×6
M.2×1, type 2242, 2260, 2280, SATA & PCIE mode
M.2×1, type 2242, 2260, 2280, PCIE 3.0 x4 mode
LAN機能Intel I219V
無線機能IEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.1
オーディオROG SupremeFX
バックパネル
インターフェース
DisplayPort×1
HDMI×1
LAN×1
USB3.1 Gen1×4
USB2.0掛売2
光デジタル出力端子×1
オーディオジャック×1
WiFiアンテナポート×1
OSWindows 10 64bit
Windows 8.1 64bit
Windows 7 64bit
Windows 7 32bit
(Windows 7, 8.1はSkylake搭載時のみ)
製品公式ROG STRIX B250I GAMING | マザーボード | ASUS 日本

 

ROG STRIX B250I GAMING-1

ROG STRIX B250I GAMINGはASUSの製品中で最上位に位置する「R.O.G.]シリーズのマザーボード。

ASUSオリジナルの電源回路「DIGI+VRM」を搭載。DIGI+ VRMはアナログ電源回路に比べて応答性に優れており、負荷によって激しく変動するCPUの要求電力に対して、低遅延でより正確な電力供給を行うことができます。

高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4 Core」を搭載しており、CPUファン・ケースファン・液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御ができます。温度の計測場所の指定も可能。

マザーボードの表裏に1つずつ計2つ搭載するM.2スロットのうち、表側のM.2スロットにはヒートシンクがついており、M.2ストレージの温度を最高20度下げることができます。これにより、長時間の連続稼働でもM.2ストレージの性能を安定して引き出すことができます。

メインメモリの一部をSSDやHDDのように使用することでゲームの起動速度や読み込み速度を高速化出来る「RAMCache II」

重いカードもしっかり支える高耐久で金属製のPCI Expressスロット「SafeSlot」、マザーボードの裏側にLEDイルミネーションを搭載した「Aura」機能、高音質オーディオ機能「ROG SpremeFX」などを搭載。

ゲーマー向け機能としては、ゲーム内の音の方向を視覚化する「Sonic Radar III」、ネットワークゲームの通信優先度を高める「GameFirst IV」機能などを搭載。




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.