ASUSからCore X対応X299マザー「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」発売

投稿日:

ASUSからCore X対応のX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2019年2月28日、インテルCore Xシリーズ対応のマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」を2019年3月1日より発売することを発表しました。市場想定価格は9万円前後。

スペックは以下の通り。

製品名ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA
対応CPUインテル Core X シリーズ
対応ソケットLGA 2066
チップセットインテル X299 チップセット
対応メモリDDR4- 4266×8 (最大128GB)
拡張スロットPCIe 3.0 x16×3
PCIe 3.0 x4×1
ストレージ機能U.2×1、M.2×2
SATA 6Gb/s×6
ROG DIMM.2カード付属 (M.2×2)
USB機能USB 3.1 Gen 2×3
USB 3.1 Gen 1×14
USB 2.0×4
ネットワーク機能10GBASE-T×1
1000BASE-T×1
無線機能IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth V5.0
フォームファクター(サイズ)ExtendedATX(305 mm x 277 mm)

ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGAはIntel Core Xシリーズに対応した、Intel X299搭載のEATXゲーミングマザーボード。

オーバークロック時の電力供給不足を回避するために、8+8ピンのCPU電源コネクタを搭載。

10GB LANを標準搭載しており、非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングや、ファイルのバックアップおよび転送をこれまでにないスピードで実現。中間の2.5Gbpsおよび5Gbps接続にも対応しているため、より高速なネットワーク接続と柔軟性があります。

基板上のROGアーマーの下には独自の「ROG DIMM.2拡張カード」を挿すことでM.2 SSDを最大4枚搭載可能。3枚のM.2 SSDで、Intelの仮想RAID on CPU(VROC)機能を使用することもできます。

FanXpert 4を介して制御可能なファンヘッダー「Fan Extension Card II」を6基追加されており、3つの温度センサーヘッダーがオンボードの温度センサーを補完。

その他、CPU周波数、デバイス温度、ファン速度、またはウォータークーリングゾーンの情報やオリジナルの画像やアニメーションを表示できるOLEDパネル「LiveDash」を搭載しています。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.