ASRock Z97 Anniversary レビュー

2014/07/31

Z97 Anniversary package

ASRock Z97 Anniversary レビュー


Anniversaryシリーズマザーボードはクロック倍率変更が行えるIntel Pentium Processor Anniversary EditionもといPentium G3258と組み合わせ、コストを抑えつつも高いパフォーマンスを持つPCの構築をできるように企図されたシリーズです。

パッケージ表面。

中にはマザーボード、クイックインストールガイド、サポートCD、SATAケーブル2本、I/Oシールドが付属。

マザーボード表面。湿度に強い高密度なサファイアブラックPCBを採用することで、安定性や耐久性に優れた設計になっています。

CPUは第4世代(Haswell, Haswell Refresh)および第5世代(Broadwell)のCore i7, i5, i3, Pentium, Celeronに対応。電源は4フェーズ。

メモリスロットは4つ。デュアルチャネルをサポートし、最大で32GBまで認識。
DDR3-1600のメモリを標準でサポートし、メモリのオーバークロックはDDR3-3100まで対応。

SATA3ポートはZ97チップセット制御で6個搭載。RAID 0/1/5/10に対応。

拡張スロット。上から順番に
PCI Express 2.0(x1)
PCI Express 3.0(x16)×1
PCI Express 2.0(x1)
PCI Express 2.0(x1)
PCI
PCI

backpanel
バックパネルインターフェースは以下の通り。
PS/21(Mouse&Keyboard)
DVI-Dなし
HDMI1
D-Subなし
LAN(RJ45)1(Intel I218V)
USB3.0(Blue)4
USB2.02
オーディオジャック1

ベンチマーク

CPU : Intel Pentium G3258
CPU Cooler : Cooler Master V6GT
RAM : GSKILL DDR3 2133 4GBx2
MB : ASRock Z97 Anniversary
VGA : MSI R7 260X Gaming OC
HDD : OCZ Vertex 3.20 240GB
PSU : Tt Toughpower DPS 850W
OS : Windows 7 64bit

CPU-Z1

4.2GHzのCore Voltageは1.282V。

CPU-Z2

4.4GHzのCore Voltageは1.420V。

UEFIはFullHDに対応。

Load Optimized CPU OC Settingでは最適なCPUオーバークロック設定を読み込むことができます。

BIOS3
DRAMのタイミング設定。XMP設定の読込やその他のパラメータも設定できます。

細かい電圧調整も可能。

4.2GHz時のCINEBENCH R11.5のスコアはOpenGL104.64fps、CPU3.72pts。

CINEBENCH R15のスコアはOpenGL114.84fps、CPU334cb。

3DMarkのSkyDiverのスコアは11728。

Fire Strikeのスコアは3408。

Fire Strike Extremeのスコアは1473。

本当はCore i7-4790KやCore i5-4690Kが良いんだけど予算が…という人や、安いZ97マザーボードと組み合わせてオーバークロックして遊んでみたい人、オーバークロックしてみたいけどどうやればいいのか…という初心者の方にオススメのマザーボードです。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, マザーボードレビュー
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.