公安9課

*

規制後も使い放題!Wonderlinkの使い放題SIM「F-使い放題700」レビュー

    [最終更新日]2015/12/01 18:04

Screenshot_2015-10-06-03-18-21

Wonderlinkの使い放題SIM「F-使い放題700」レビュー。

はじめに

大抵の格安SIMでは「1ヶ月にこれだけ使えます」というように月間データ通信量に上限が定められていますが、ぷららモバイルLTEやU-mobileのように月間データ通信量無制限で使い放題という格安SIMも数が多くはないですが存在しています。

今回はPanasonicの格安SIMである「Wonderlink」の「F使い放題700」プランのレビューを行いたいと思います。

WonderLink LTE-Fプランについて

WonderLinkの「LTE-Fプラン」には「F-使い放題700」と「F-7G」の2つの使い放題プランが存在します。いずれも使い放題プランになっており、月間データ通信量は無制限

WonderLinkの回線はdocomoを使用しているのでdocomoのXiエリアやFOMAエリアで使用が可能。docomoが繋がるところなら何の問題もなく使えます。なお、提供されるSIMカードはデータ通信専用となるので、音声での発着信やSMSは利用できません。

プラン詳細

プラン名 F-使い放題700 F-7G
使用回線 docomo(Xi, FOMA)
初期費用 3240円
月額料金 1706円※ 2678円
月間データ通信量 1GB 7GB
1GB/7GB超過後は無制限に
(1GB/7GBを越えると通信速度が700kbpsに低下)
通信速度 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
速度制限時上り下り共に700kbps
最低利用期間 12ヶ月 なし

※2~13ヶ月目まで特別価格で月額1512円、14ヶ月目以降は月額1706円

F-使い放題700プランでは1ヶ月に1GB、F-7Gプランの場合は1ヶ月に7GB分のLTE高速通信がついており、1GB/7GBまではLTEで最大225Mbpsでの高速通信が可能で、1GB/7GBを越えると通信速度が700kbpsに低下してしまうけど使い放題・無制限になるというプランです。今回レビューするのはF-使い放題700プラン

似たようなプランとしては、UQ mobileにも「データ無制限プラン」という上り下りともに通信速度が500kbpsで月間データ通信量が無制限のプランがありますが、こちらのほうが月額料金が安く、通信速度も速いです。

どんな人にオススメ?

LINE MUSICやApple Musicといった音楽ストリーミングサービスやYouTubeなどの動画視聴、ゲームユーザーにオススメです。

強気の価格設定

F-使い放題700の月間データ通信量は1GB、F-7Gは7GBに設定されています。ただ、1GBを超過すると通信速度が700kbps・使い放題になるとはいえ通常月額料金1706円というのはなかなか強気価格設定。よその格安SIMだと3GB/5GBくらい使えます。

 

F-使い放題700のSIMで速度測定

速度測定に使用した端末はZenFone 2 Laser。とりあえずは朝昼夜とランダムな時間帯に速度測定をしてみましょう。

朝(10時)

Screenshot_2015-10-04-10-06-07

朝に計測した結果。とは言っても10時6分~7分なので通勤時間はもう終了しているはずなので十分速いということが分かります。

昼(12時)

Screenshot_2015-10-04-12-41-43

12時41分~43分に計測した結果。いわゆる昼の混雑する時間帯ですが、3回平均して約40Mbps出ているのが分かります。

docomo回線を使用したMVNOは昼になると軒並み速度が低下してしまうんですが、Panasonic/WonderlinkのSIMは速度が落ちませんでした。むしろ速くなっていたことにかなり驚きました。

夜(18時)

Screenshot_2015-10-05-18-46-51

18時46~51分に計測した結果。若干速度が落ちていますがこれだけ出ていれば何の問題もないでしょう。

 

朝昼夜と速度計測をしてみましたが、昼に速度低下をすることもなく、時間を問わず安定しているという印象を受けました。

 

余談ではありますが、次の項の700kbpsでの速度測定や検証を行うにあたり、LTE回線でYouTubeにてHD画質の動画を見て1GB使い果たしましたが、再生が最初から最後まで止まることはありませんでした

しかし、1GBを超えた途端に動画の再生がちょくちょく止まるようになったので結構厳格な速度規制をしているのかなぁと推測します。

あくまで推測であり、なおかつ意図的に速度規制状態にしたことは初めてなので事実とは異なるかもしれません。

700kbpsで何が出来るのか

ややこしいですが、F-使い放題700のSIMを挿してYouTubeなどを閲覧して、わざと1GBを超過させて通信速度を700kbpsにした状態に何が出来るかということをチェックしてみました。

速度測定

Screenshot_2015-10-06-03-18-21

まずは速度測定してみました。F-使い放題700の速度規制後の通信速度は700kbpsに設定されていますが実際には「上り下りともに1Mbps程度は出ることがある」ことが分かります。

動画を見るのは辛いですが、SNSに画像をアップロードするくらいなら速度規制されていない時とアップロードにかかる時間は変わりません。

色々試してみた

あくまで私が試してみた結果であり、他の人の環境では異なる場合があるのでご注意ください。

  • Webページの閲覧→読み込み・表示に時間はかかるが可能。昼の極端に通信速度が落ちた時の通信速度と同レベル。画像大量でも1Mbs出るおかげか、意外といける
  • YouTubeで240pの動画閲覧→スムーズに再生可能
  • YouTubeで360pの動画閲覧→たまに止まるが再生は可能
  • YouTubeで480pの動画再生→ちょくちょく止まるのでストレスあり。10秒止まって10秒再生くらい
  • radikoでストリーミング再生 : 止まらず再生可能
  • らじるらじる(NHKラジオのストリーミング再生アプリ) : 止まらず再生可能

700kbpsだとぶっちゃけ辛いでしょ~と思っていましたが、案外いけるということが分かって驚きました。

ゲームアプリの転送量もSIM通 格安SIMを使ってパズドラやドラクエ何分遊べる? (1/2) – 教えて!gooによるとパズドラの10分間の平均データ量は161KBという結果が出ていますし、700kbps出ていればスムーズにプレイ出来そうです。

まとめ

短時間のレビューではありましたが、通信速度は結構いい数字を叩き出しますし、速度規制後の通信速度も実用レベルと使い放題SIM「F-使い放題700」プランの便利さを実感しました。

docomo, au, SoftBankはもちろんのこと、格安SIMでも速度規制は実施され、実用に耐えないレベルにまで通信速度が低下してイライラするというものが大半ですが、Wonderlinkのこの「F-使い放題700」プランでは、そのイライラから完全ではないですが解放してくれる救世主のような格安SIMになっています。

 

申し込みや詳細は以下のバナーから。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSTeKがX99マザー「X99-WS/IPMI」を発表
NEXT
mineoがau VoLTE 対応SIMを11月19日より提供開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。