公安9課

*

MSIのmicroATXゲーミングマザー「Z87M GAMING」レビュー

    [最終更新日]2015/01/22 01:15

z87m-gaming

MSIのゲーミング向けMicro-ATXマザーボードのZ87M GAMINGのレビュー。


MSIのZ87チップセットを搭載したゲーミングマザーはこのZ87M GAMINGで3つめ。
先に発売されているZ87-GD65 GAMINGとZ87-G45 GAMINGのフォームファクタはATXですが、このZ87M GAMINGはZ87ゲーミングマザーで初めてのMicro-ATXのマザーボードです。

スペック

製品名 Z87M GAMING
フォームファクタ microATX
CPU 第4世代 Intel Core i7, i5, i3, Pentium, Celeron
チップセット Z87チップセット
電源フェーズ数 8
チョーク SFC(Super Ferrite Choke)
コンデンサ Hi-C CAP + Dark CAP
メモリ DDR3-1600/1333/1066
DDR3-3000(OC)対応
メモリスロット数 4(最大32GBまで認識, XMP, デュアルチャネル対応)
SATA3ポート 6(Intel Z87)+2(ASMedia ASM1061)
eSATA 2(ASM1061)※SATA3と排他仕様
RAID RAID 0,1,5,10
USB3.0 6(バックパネル)
2(ヘッダピン)
USB2.0 2(バックパネル)
4(ヘッダピン)
Multi-GPU 2-Way AMD CrossFire Technology
2-Way NVIDIA SLI Technology
LAN Killer E2205 Gigabit LAN controller
【拡張スロット】
PCI Express 3.0 x16 2
PCI Express 2.0 x1 2
【バックパネル搭載端子】
PS/2 1
HDMI 2
DisplayPort 1
LAN(RJ45) 1
USB3.0 6
USB2.0 2
オーディオ 1
CMOSクリアボタン 1
同軸S/PDIF出力 1
光角型S/PDIF出力 1
3

CPUは第4世代(Haswell)のCore i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeronを搭載可能。そしてCPUソケット周りにはお馴染みのドラゴンヒートシンク。ヒートパイプもある。

同じく周りには、MSI独自の高品質部品採用を示す称号「ミリタリークラス4」に準拠し、耐熱性・対振動性などでアメリカ国防総省の定める軍用規格(MILスペック)をクリアした物を搭載。電源回路はアメリカ国防総省の定める軍用規格をクリアし、一般的なチョークより効率よく大出力を発揮できるSFC(Super Ferrite Choke)を8フェーズ搭載。コンデンサにはZ87-GD65 GAMINGと同様に、一般的なキャパシタより長寿命で安定した出力が可能なHi-C CAP+Dark
CAPを採用。

13

メモリスロットは4つ。デュアルチャネルをサポートし、最大で32GBまで搭載可能。
DDR3-1600のメモリを標準でサポートし、メモリのオーバークロックはDDR3-3000まで対応。

4

SATA3ポートは6個搭載、eSATAポートは2個搭載。

SATA1からSATA6のSATAコントローラはIntel Z87チップセット。RAIDはRAID 0, 1, 5, 10に対応している。eSATAのSATAコントローラはASMediaのASM1061チップセット。こちらのASM1061はRAID不可能。

14

拡張スロットは4スロット。
マルチGPUは2-Way AMD CrossFire Technologyと2-Way NVIDIA SLI Technologyに対応している。
上から順番に
PCI Express 3.0 x16スロット
PCI 2.0スロット
PCI Express 3.0 x16スロット
PCI 2.0スロット

5

状態をPostしてくれる「Debug LED Panel」と電源ボタンとリセットボタンを合わせた「Easy Button」と押すだけで最適なオーバークロックが可能なOC Genieボタン。マザーボードにあるスイッチを切り替えることで、OC Genieモードで最大14%、GAMINGモードで最大20%のオーバークロックが可能。4770KだとOC Genieモードで約4.0GHz、GAMINGモードで約4.2GHzとして動作する。

7
9

よりクリアなゲームサウンドを実現する内蔵アンプ「Audio Boost」を搭載。チップはRealtek1150サウンドチップを採用している。また、ヘッドフォンのサウンド環境を改善するテクノロジーである「Sound Blaster Cinema」に対応し、ゲーム中の効果音も長時間にわたりクリアに再現され、迫力のあるサラウンドサウンドを楽しめる。

10

ネットワークパフォーマンスを最適化するLANチップ「Killer E2205」を搭載。
Advanced Stream Detect機能で優先すべきトラフィックを自動的に検出することで、オンラインゲームのカクつきや操作のタイムラグを低減することが可能。ただし環境による。

z87m-gaming_04
【バックパネル搭載端子】
PS/2 1
HDMI 2
DisplayPort 1
LAN(RJ45) 1
USB3.0 6
USB2.0 2
オーディオ 1
CMOSクリアボタン 1
同軸S/PDIF出力 1
光角型S/PDIF出力 1

このZ87M GAMINGの映像出力端子はHDMI×2, DisplayPort×1となっておりATXサイズのZ87-GD65 GAMING, Z87-G45 GAMINGに負けない豪華さ。その他のUSB3.0端子の数も負けていません。

 

ASUSのMAXIMUS VI GENEよりも数千円安いmictoATXゲーミングマザーとなっています。安価なゲーミングマザーを探している人はこちらもぜひ。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Samsung 840EVO mSATA 500GBモデル「MZ-MTE500B/IT」が発売
NEXT
Haswell搭載!他にも進化しているGIGABYTE「BRIX」まとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。