公安9課

*

Kingston PCIe SSD「Predator PCIe SSD」スペックまとめ

   

 1KingstonのPCIe SSD「Predator PCIe SSD」スペックまとめ。

Kingston Technologyは2015年3月24日に「Predator PCIe SSD」を正式発表しました。

スペック

Predator PCIe SSDはSATAベースのSSDより高速なPCIe Gen. 2×4インターフェイスのSSD。シーケンシャルリード1400MB/s、シーケンシャルライト1000MB/sを提供し、応答性に極めて優れ非常に高速なシステムを実現します。

製品のラインナップはM.2 type 2280モデルとHHHLモデルの2つ。M.2スロットを搭載しているZ97/H97以降のマザーボードに対応しています。M.2スロットを持たない昔のマザーボード向けには、オプションとしてHHHL(Half-Height, Half-Length)アダプタも用意されています。

製品名(M.2) SHPM2280P2/480G SHPM2280P2/240G
製品名(HHHL) SHPM2280P2H/480G SHPM2280P2H/240G
容量 480GB 240GB
フォームファクタ M.2 type 2280
PCI-Express用HHHL(Half-Height/Half-Length)
インターフェース PCIe Gen 2.0×4
NANDフラッシュ 東芝製 NAND
コントローラ Marvell 88SS9293
シーケンシャルリード 1400MB/s 1400MB/s
シーケンシャルライト 1000MB/s 600MB/s
ランダムリード 130000 IOPS 160000 IOPS
ランダムライト 118000 IOPS 119000 IOPS
設置タイプ 内蔵
厚さ 2.5インチ : 7mm(スペーサー、マウンタ付属)
保証期間 3年
ベンチマークソフトでの測定結果(Kingston実施)
PCMark8 Storage Bandwidth 240GB:331MB/s, 480GB:336MB/s
PCMark8 Storage Score 240GB:5015, 480GB:5017
PCMark Vantage HDD Suite Score 240GB:138000, 480GB:139000

 

 http://pssection9.com/wp-content/uploads/imgs/f/2/f27d096b-s.jpg

コントローラはMarvell 88SS9293を、NANDフラッシュは東芝製のものを採用しています。恐らく東芝製の第2世代19nm MLC NANDあたりだと思います。

240GBモデルのほうがランダムアクセス性能が高いです。容量が大きいほどスペックがよくなるものなのですが、480GBモデルのシーケンシャルライトが1000MB/sなので、シーケンシャルライトの性能アップと引き換えにランダムアクセス性能を落としたんでしょうかね…?

HHHLって何?

要はPCI Expressスロットに挿せるようにするための変換用のブラケットのことです。マザーボード上にM.2スロットがない人はHHHLモデルを購入しましょう。

 

なお、日本での発売日はまだ不明。これから需要が出てくるのは間違いないとは思いますがSATA SSDと比べるとまだまだですね…。

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
CeBITにてECSのCore mを搭載した新型LIVA「LIVA core」が展示
NEXT
SanDisk UltraII mSATA SSDスペックまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。