公安9課

*

Kingston HyperX FURY SSD 240GB SHFS37A/240Gレビュー

    [最終更新日]2015/02/04 17:08

IMG_0821

Kingston HyperX FURY SSD 240GB SHFS37A/240Gレビュー。


Kingston Technology様よりHyperX FURY SSD 240GB SHFS37A/240Gのサンプル品を頂いたのでレビューを行いたいと思います。

仕様

仕様は以上の通り。

Package

パッケージはこのようなブリスターパックになっています。

IMG_0821

SSD本体。

IMG_0812

こちらは9.5mm変換用のスペーサー。ゴム製。

IMG_0813

重ねるとこんな感じになります。今回はデスクトップPCでのレビューなのでスペーサーは使用しません。

SSD裏面

SSD裏面。インターフェースはSATA3(SATA 6Gb/s)で、SATA2との下位互換性もあり。

DSC00832

マウンタに乗せて固定してみるとこんな感じになります。ちなみにマウンタやSATAケーブルは本体に付属していないので別途購入する必要があります。データ移行ソフトも付属していませんがフリーソフトを使えば問題ありません。

では早速パソコンに取り付けてベンチマーク。

テスト環境

CPU : Core i7-4790K
M/B : Z97-PRO
MEM : Kingston HyperX FURY HX318C10FK2/8
SSD : Kigston HyperX FURY 240GB SHFS37A/240G

CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo

CrystalDiskinfo。SSDの性能の安定・劣化を防ぐTrimコマンドをサポート。他にもリアルタイム自己診断機能S.M.A.R.T.やNCQをサポートしています。

CrystalDiskMark ランダム

CrystalDiskMark random

公称値(シーケンシャルリード470MB/s, シーケンシャルライト220MB/s)以上の速度が出ています。

CrystalDiskMark 0Fill

CrystalDiskMark 0Fill

0Fillでのスコア。0Fillは読み書きのデータに”0″のみを使用しています。そのため搭載されているSandForce製コントローラの持つデータ圧縮機能が最大限発揮されこのような非常に高いスコアが出ました。

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmarkの結果は以上の通り。シーケンシャルライトが仕様に記載されている公称値(220MB/s)を少し下回っていますがこんなものでしょう。

ATTO Disk Benchmark

ATTO Disk Benchmark

ATTO Disk Benchmarkでは仕様に記載されている公称値(Read 500MB/s, Write 500MB/s)を上回り、最も良い結果ではReadが540MB/s、Writeが514MB/sを記録しています。

 

SHFS37A/240Gの値段は記事執筆現在でAmazonにて約1万4000円前後。CFD HG6やIntel 730 Seriesの同容量帯のSSDよりも3000円ほど安いため、コストパフォーマンス重視な方にオススメです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Kingston HyperX FURY メモリ HX318C10FK2/8 レビュー
NEXT
SamsungがPCI Express接続のM.2 SSD「SM951」を展示

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。