公安9課

*

Intelの第6世代CPU「Skylake-S」のラインナップが新たにリーク

   

 Intelの第6世代CPU「Skylake-S」のラインナップが新たにリークされました。

新たにリークされたのはCore i7, Core i5あわせて10モデル。Haswell世代のCPUから変わった点DDR4メモリ/DDR3Lメモリをサポートするようになったこと、CPUの省電力化、グラフィック機能が向上していることの3つ。

モデル名 コア/スレッド 動作周波数 キャッシュ メモリ TDP OC
Core i7-6700K 4 / 8 4.0 / 4.2 GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
95W
Core i5-6600K 4 / 4 3.5 / 3.9 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
95W
Core i7-6700 4 / 8 3.4 / 4.0 GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6600 4 / 4 3.3 / 3.9 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6500 4 / 4 3.2 / 3.6 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6400 4 / 4 2.7 / 3.3 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i7-6700T 4 / 8 2.8 / 3.6 GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
35W ×
Core i5-6600T 4 / 4 2.7 / 3.5 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
35W ×
Core i5-6500T 4 / 4 2.5 / 3.1 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
35W ×
Core i5-6400T 4 / 4 2.2 / 2.8 GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
35W ×

 

Skylake-SのCPUはいずれもソケットはLGA1151で、Intel 100シリーズのチップセットに対応することになります。Intel 100シリーズのチップセットはZ170, Z150, Q170, Q150, B150, H110。

なんとSkylake-SはDDR4メモリとDDR3Lメモリの2つをサポートし、従来のDDR3メモリをサポートしていません。これはマザーボードの発熱を抑えるためと言われています。メモリの使い回しが出来ないのが残念ですが、仕様なので諦めるしかないようです。

メインストリームとなるCore i7-6700やCore i5-6600といった通常版モデルのTDPは65W。第4世代CPUの通常版モデルのTDPは84Wなのでかなり省電力化していることが分かります。ちなみにCore i7-6700TやCore i5-6600Tといった超省電力版のTモデルのTDPは35Wで、第4世代CPUとTモデルと比べるとTDPが10W低下しています。

オーバークロックが可能な最上位モデルであるCore i7-6700KとCore i5-6600KのTDPは95Wと、Core i7-4790K、Core i5-4690KよりもTDPが7W上昇しています。なおその他スペックはほとんど上昇していません。Core i7-6700KとCore i7-4790Kを比較すると、Core i7-6700Kの方がスペックがわずかに低いです。こればかりはあまり乗り換えるメリットが無いように感じます。

 

省電力化やグラフィック機能の向上がメインのようで、肝心な動作周波数が向上したわけではないので最近組んだ人は気にする必要はなさそうです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSTekからASUS Eye Care技術を搭載した「VX279H-J」「VX239H-J」が発売
NEXT
CRYORIGからサイドフロー型CPUクーラー「H5 Ultimate」が発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。