公安9課

*

gooSimSellerでHUAWEI Y6の販売開始。業界最安値1万3800円

   

HUAWEI Y6gooSimSellerでHUAWEI Y6の販売が開始されています。

NTTレゾナントが運営する格安スマホ・SIM関連専門ショップの「gooSimseller」は2016年4月19日、ファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマートフォン「HUAWEI Y6」を、業界最安値の税抜1万3800円で販売開始すると発表しました。定価よりも2180円安くなっており、OCNモバイルONEのエントリーパッケージもセットで提供されます。

HUAWEI Y6のスペックは以下の通り。

製品名 HUAWEI Y6
OS Android 5.1 + EUI 3.1
ディスプレイ 5.0インチ
(1280×720, HD, IPS)
プロセッサ Snapdragon 210
(1.1GHz, 4コア)
メインメモリ 1GB
ストレージ 8GB
カメラ(背面/前面) 800万画素/200万画素
外部メディア規格 microSD(最大32GBまで認識)
Wifi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS GPS/AGPS/GLONASS
SIMタイプ microSIM×1
ネットワーク周波数帯 [FDD-LTE] Band 1, 3, 5, 7, 8, 19, 28
[W-CDMA] Band 1, 5, 6, 8. 19
[GSM] 850, 900, 1800, 1900
バッテリー容量 2200mAh
連続通話時間 [LTE-FDD] 約11.7時間
[W-CDMA] 約11.7時間
連続待受時間 [LTE-FDD] 約300時間
[W-CDMA] 約300時間
高さ×幅×奥行 約143.5×72.1×8.5mm
重量 約150g
本体カラー ホワイト : SCL-L52-WHITE-M16
ブラック : SCL-L52-BLACK-M16

 

HUAWEI Y6はSnapdragon 210、メモリ1GB、ストレージ8GBと、エントリーモデルというだけあってスペックも低め。値段相応というイメージがあります。

HUAWEI Y6はスタイリッシュなデザインかつ、手に馴染むコンパクトなサイズを実現ながらも画面占有率72%の狭額縁設計で大きな画面を確保しています。表面と裏面にはマイクロパターンテクスチャーが施され、おしゃれな外観になっています。

カメラにはF値2.0レンズを搭載し、暗いシーンでも光を多く取り入れ、ノイズや手ブレを抑えての撮影やマクロ50mm対応レンズでの接写撮影により、質感を綺麗に描写することが可能になります。

バッテリー容量は容量は2200mAhで、連続通話時間は11.7時間、連続待受時間は300時間。本体カラーはホワイトとブラックの2種類。

 

注文時には付属されるOCNモバイルONEのSIMパッケージを選択しないといけませんが、OCNモバイルONEとの契約を考えている人は初期費用の3240円がチャラになるのでお得ですし、不要な人は届いたらそのまま捨てても構いません。SIMパッケージがあるからといって必ず契約しないといけないわけではありません。

gooSimsellerのZenFone Maxの購入は以下のリンクから。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSがIntel Core i7 X/Xeonシリーズに対応するX99マザー用UEFIを公開
NEXT
WD Red Proの新モデル「WD6002FFWX」「WD4002FFEX」取扱開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。