公安9課

*

M500との比較もあり!Crucial SSD M550シリーズスペックまとめ

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

M550

性能重視のCrucial SSD M550シリーズのスペックのまとめ。M550シリーズとの比較も掲載しています。


Crucial M550シリーズはM500シリーズの上位機種に当たるモデルです。M550シリーズの対応しているフォームファクタは2.5インチ/mSATA/M.2の3つ。容量のラインナップとしては128GB、256GB、512GB、2.5インチだけ1TBの合計4つ。今後はM550シリーズは性能重視、M500シリーズはコスパ重視なラインナップとして展開されるようです。

2015/1/7追記
M550シリーズの後継であるMX200シリーズが発表されました。
Crucial SSD MX200シリーズスペックまとめ

Crucial M550 スペック

製品名(2.5″) CT1024M550SSD1 CT512M550SSD1 CT256M550SSD1 CT128M550SSD1
製品名(mSATA) CT512M550SSD3 CT256M550SSD3 CT128M550SSD3
製品名(M.2) CT512M550SSD4 CT256M550SSD4 CT128M550SSD4
容量 1TB(1024GB) 512GB 256GB 128GB
フォームファクタ 2.5インチ/mSATA/M.2
インターフェース SATA3(SATA 6GB/s)
NANDフラッシュ Micron製20nm MLC NAND
コントローラ Marvell 88SS9189
シーケンシャルリード 550MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s 350MB/s
ランダムリード 95000 IOPS
90000 IOPS
ランダムライト 85000 IOPS
80000 IOPS
75000 IOPS
寿命(MTTF) 120万時間
耐久性(TBW) 総書込バイト数72TB(1日あたり40GB×5年に相当)
設置タイプ 内蔵
厚さ 2.5インチ:7mm, mSATA:3.75mm, M.2:3.58mm
保証期間 3年

全てのフォームファクタでスペックが統一されています。

drive1
drive2
NAND

NANDフラッシュはMicron製20nm MLC NANDを搭載。

Controller

コントローラにはMarvell製88SS9189を採用。88SS9189についての詳細は明らかになっていませんが、恐らく88SS9187を改良したものでしょう。

contents

付属品は9.5mmアダプタのみ。マウンタやSATAケーブルは付属していないので必要になる人は別途購入する必要があります。

ベンチマーク

cdm

cdm2

CrystalDiskMark。

 

 

Crucial M550 M500スペック比較

こうして比べてみると分かりますが、M550シリーズの128/256GBモデルのシーケンシャルライト性能とランダムアクセス性能はM500シリーズと比べてかなりスペックアップしています。

120GBモデル

モデル名 CT128M550SSD1 CT120M500SSD1
シリーズ M550 M500
容量 128GB 120GB
コントローラ Marvell 88SS9189 Marvell 88SS9187
シーケンシャルリード 550MB/s 500MB/s
シーケンシャルライト 350MB/s 130MB/s
ランダムリード 90000 IOPS 62000 IOPS
ランダムライト 75000 IOPS 35000 IOPS

250GBモデル

モデル名 CT256M550SSD1 CT240M500SSD1
シリーズ M550 M500
容量 256GB 240GB
コントローラ Marvell 88SS9189 Marvell 88SS9187
シーケンシャルリード 550MB/s 500MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s 250MB/s
ランダムリード 90000 IOPS 72000 IOPS
ランダムライト 80000 IOPS 60000 IOPS

500GBモデル

モデル名 CT512M550SSD1 CT480M500SSD1
シリーズ M550 M500
容量 512GB 480GB
コントローラ Marvell 88SS9189 Marvell 88SS9187
シーケンシャルリード 550MB/s 500MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s 400MB/s
ランダムリード 95000 IOPS 80000 IOPS
ランダムライト 85000 IOPS 80000 IOPS

1TBモデル

モデル名 CT1024M550SSD1 CT960M500SSD1
シリーズ M550 M500
容量 1TB 960GB
コントローラ Marvell 88SS9189 Marvell 88SS9187
シーケンシャルリード 550MB/s 500MB/s
シーケンシャルライト 500MB/s 400MB/s
ランダムリード 95000 IOPS 80000 IOPS
ランダムライト 85000 IOPS 80000 IOPS

1TBモデルはM500シリーズの960GBと比べると5000円から1万円ほど値段が上がっているようで、どちらのシリーズにするか非常に悩ましいところです。もちろんスペックアップしていますが、128GB/256GBモデルと比べると「そこまで…」感はあります。PS4に載せたいし性能に妥協したくはないという人はM550一択です。

性能重視のM550かコスパ重視のM500か。どちらを選ぶかは貴方次第です。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Microsoft StoreにてSurface Pro2/Surface2特別価格キャンペーン実施中
NEXT
QUOカードが貰えるGIGABYTE「BRIXサマーキャンペーン」が延長

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。