公安9課

*

ASUSの重量約910g・Core i7搭載ノート「ZenBook UX390UA」発表

   

ASUS ZenBook 3 UX390UA

ASUSの重量約910g・Core i7搭載ノート「ZenBook UX390UA」が発表されました。

ASUSは2016年5月30日、COMPUTEX TAIPEI 2016の「Zenvolution(記者会見」において、重量約910gでCore i7を搭載したノートパソコン「ZenBook UX390UA」を発表しました。日本での発売時期や価格については不明です。

簡単なスペックは以下の通り。

製品名 ZenBook(UX390UA)
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
CPU Corei7-6500U
Core i5-6200U
ディスプレイ 12.5インチ
解像度 (1920×1080, FullHD)
グラフィック Intel HD Graphics 520
メモリー 16GB(LPDDR3-2133)
4GB(LPDDR3-2133)
ストレージ PCI Express SSD 1TB
PCI Express SSD 512GB
PCI Express SSD 256GB
サイズ 幅296mm×奥行き191.2mm×高さ11.9mm
バッテリー駆動時間 9時間
重量(バッテリー装着時) 約910g
無線LAN機能 IEEE802.11ac
インターフェース USB3.1 type-C×1
オーディオジャック×1
製品公式 ASUS ZenBook 3 UX390UA | Notebooks | ASUS Global

ASUS ZenBook 3 UX390UA-1

ZenBook3-1

ZenBook 3(UX390UA)は画像を見て分かるように、AppleのMacBookを意識したデザインになっています。

ASUS ZenBook 3 UX390UA-1

筐体は標準的なノートパソコンで使用されている用金よりも50%軽くて強い航空宇宙グレードのアルミが使用されており、910gという軽量さと11.9mmという薄さを実現しました。MacBookは920g、MacBook Airは1350g、本体サイズはMacBook&MacBook Airよりも薄くなっています。

CPUはCore mではなくCore i7, Core i5が使用されており、ストレージには超高速のPCIe SSD、メモリ最大16GBを搭載しており、MacBook比では1.13倍、MacBook Air比では1.52倍を実現しています。

ディスプレイサイズは12.5インチFullHD、パネルは178°で広視野角のIPSパネルが使用され、NTSC色域72%、コントラスト比1000:1、表面はCorning Gorilla Glass 4が使用されています。キーボードはMacBookの2倍の0.8mmストロークのフルサイズキーボードでバックライト付き。

バッテリーはリチウムポリマーでバッテリー駆動時間は約9時間。49分で60%充電できる高速充電技術に対応しています。

周辺機器としてはUSB-C接続のユニバーサルドックがあり、USB-C 3.1ポート、USB3.0ポート、HDMI端子, VGA端子, RJ545 LANポート、3in1SDカードリーダーが搭載されています。

構成の違いで3モデルが用意されており、Core i7/メモリ16GB/PCIe SSD 1TBモデルが1999ドル、Core i7/メモリ16GB/PCIe SSD 512GB燃えるが1499ドル、Core i5/メモリ4GB/PCIe SSD 256GBモデルが999ドルとなっています。

 

日本でも今年中に発売されると思いますが、PCIe SSDは512GBくらいまでしか用意されなさそうな感じがします。128GBでは心もとなく、256GBでちょうどいいようで物足りないような感じ、512GBで十分、1TBは多すぎるという印象があります。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
MSIオリジナルのGTX1080搭載グラフィックスカード2製品が発表
NEXT
ASUSのSurface対抗2in1PC「Transformer 3 Pro」発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。