公安9課

*

ASUSTekのX99マザー「SABERTOOTH X99」が発売

    [最終更新日]2015/06/21 12:00

 SABERTOOTH X99ASUSTekのX99マザーボード「SABERTOOTH X99」が発売されています。

SABERTOOTH X99-1ASUSTekは、高耐久かつセンサー機能と制御機能に特化したスマートフォンでの温度監視なども行える、TUFシリーズのX99マザーボード「SABERTOOTH X99」を2015年6月19日に発売すると発表しました。

「TUF(The Ultimate Force)」シリーズは、耐久性の高さと信頼性の高さに加えて温度センサーや制御できるファンの数が多いことが特徴のシリーズです。24時間365日の連続稼働が必要なPCなどを想定した設計となっています。任意の場所の温度を監視できるファンコントロール機能や基板を高音から守るアーマーなど、 PCを安定して使用するためのさまざまな機能や技術を搭載しています。

Androidスマートフォン(Android 3.0以上に対応)を使用してSABERTOOTH X99の温度センサーやファンの情報、CPUやメモリの電圧情報、ハードウェア情報などを表示できる「TUF Detective」を搭載。状態の確認だけでなくPCの電源のオン・オフも可能。

SABERTOOTH X99 スペック

SABERTOOTH X99もといTUFシリーズでは部品にも特別なものを使用しています。チョークコイルは、外側をヒートシンク形状にすることで表面積を70%増やしており、一般的な同性能のチョークコイルと比較して大幅な動作温度の低下を実現。

MOSFETには、米国国防総省のMilitary Standard規格をクリアした高効率な低RDSタイプを使用し、耐久性だけでなく発熱量も抑えています。コンデンサは、-70℃~125℃までの温度で動作を行える日本製の「TUF Black Metallic Capacitor」。105℃もの高温であっても10,000時間の動作寿命を持ちます。

製品名 SABERTOOTH X99
対応CPU Intel Core i7シリーズ
対応ソケット LGA2011-v3
チップセット Intel X99 Express Chipset
対応メモリ DDR4-2400×8(最大64GB)
拡張スロット PCIe 3.0/2.0 x16×3
PCIe 2.0 x4×1
PCIe 2.0 x1×1
ストレージ機能 SATA3ポート×10
SATA Express×1
M.2スロット(32Gb/s)×1
(type 2242/2260/2280/22110, PCIe SSDのみサポート)
バックパネルインターフェース LAN(RJ45)ポート×2
USB3.1ポート(teal blue)×2
USB3.0ポート(blue)×4
USB 2.0ポート×4
Optical S/PDIF out×1
Audio jack(s)×5
USB BIOS Flashbackボタン×1
TUF Detectiveポート×1
フォームファクター ATX(305mm×244mm)

 

 SABERTOOTH_X99_backpanelバックパネルインターフェースには映像出力端子がないのでグラフィックカードを別途購入し、グラフィックカードからの出力となります。

USB3.1ポート2つ、USB3.0ポート3つ、USB2.0ポート4つを搭載。LANポードは2つ搭載しており、1つはIntel I218V、もう1つはRealtek 8111GR。どちらも定番のものですね。

 

SABERTOOTH X99の価格は5万1500円前後。X99チップセットかつTUFシリーズのマザーボードなので仕方ないですね。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
話題のスティック型PC!マウスコンピューター「MS-NH1」まとめ
NEXT
freetelがWindows10スマホ「KATANA」「SAMURAI」を発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。