公安9課

*

【ASRock】B85マザーボードスペックまとめ

    [最終更新日]2015/10/13 18:22

ASRock
ASRockのB85チップセット搭載マザーボードまとめ。


簡易スペック比較
超絶簡易スペック比較

SATAポート USB LAN 映像出力端子
製品名 3
2
3.0 2.0 RJ45
D-Sub DVI-D HDMI DP
B85 Pro4 4 2 4 8 1 1 1 1
B85M Pro4 4 2 4 8 1 1 1 1
B85M 4 2 4 8 1 1 1 1
B85M-ITX 4 0 4 6 1 1 1 1

※B85M-ITXはeSATAポートあり

SATA3, SATA2ポートは全てIntel H87チップセットが制御している。

ATX
基板サイズは305mm×244mm(30.5cm×24.4cm)。フルタワー、ミドルタワー型のデスクトップPCで多く用いられる。基板面積に余裕がありコネクタやスロット数が多く拡張性が高く、自作PC用としては主流のサイズ。

B85 Pro4

B85 Pro4
B85 Pro4-bp
  • 対応CPU : Core i7 / i5 / i3 (LGA1150)
  • 対応メモリ : DDR3-1600×4(最大32GBまで認識)
  • オンボードVGA出力端子 : HDMI / DVI / D-Sub
  • 拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1, PCIe 2.0 x16×1, PCIe 2.0 x1×2, PCI×2
  • 電源フェーズ数 : 4
  • GPU : Quad CrossFireX, CrossFireX
  • Audio : 8CH, ALC 892S/PDIF
  • ストレージ : 4×SATA 6Gb/s, 2×SATA 3Gb/s
  • USB : USB3.0×4, USB2.0×8

ASRockのB85マザーボードで今のところ唯一のATX規格のマザーボード。
有線LANはIntel Gigabit LAN(I217V)を搭載しているので録画マシンなどいいかも。

Micro-ATX
基板サイズは244mm×244mm(24.4cm×24.4cm)。主に省スペースなデスクトップPCに使用される。サイズが小さくなった故に、ATXと比べるとメモリスロット数や拡張スロット数が減っている。

B85M Pro4

B85M Pro4
  • 対応CPU : Core i7 / i5 / i3 (LGA1150)
  • 対応メモリ : DDR3-1600×4(最大32GBまで認識)
  • オンボードVGA出力端子 : HDMI / DVI / D-Sub
  • 拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1, PCIe 2.0 x16×1, PCI×2
  • 電源フェーズ数 : 4
  • GPU : Quad CrossFireX, CrossFireX
  • Audio : 8CH, ALC 892S/PDIF
  • ストレージ : 4×SATA 6Gb/s, 2×SATA 3Gb/s
  • USB : USB3.0×4, USB2.0×8

B85 Pro4のMicroATX版がこのB85M Pro4。B85 Pro4との違いはPCIe 2.0 x1スロットがないところ。

B85M

B85M
B85M-bp
  • 対応CPU : Core i7 / i5 / i3 (LGA1150)
  • 対応メモリ : DDR3-1600×2(最大32GBまで認識)
  • オンボードVGA出力端子 : HDMI / DVI / D-Sub
  • 拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1, PCIe 2.0 x16×1, PCI×2
  • 電源フェーズ数 : 4
  • GPU : Quad CrossFireX, CrossFireX
  • Audio : 8CH, ALC 892S/PDIF
  • ストレージ : 4×SATA 6Gb/s, 2×SATA 3Gb/s
  • USB : USB3.0×4, USB2.0×8

B85M Pro4とスペックが一緒に見えるが実は搭載している有線LANがQualcomm Atheros Gigabit LAN(AR8171)に変更されている。

Mini-ITX
基板サイズは170mm×170mm(17cm×17cm)。Micro-ATXよりも更に小さい。元々は組み込みシステムで用いられることを前提に設計された。省スペースパソコンやホームシアターパソコン(HTPC)としての使用に適している。

B85M-ITX

B85M-ITX
B85M-ITX-bp
  • 対応CPU : Core i7 / i5 / i3 (LGA1150)
  • オンボードVGA出力端子 : HDMI / DVI / D-Sub
  • 拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1
  • 電源フェーズ数 : 4
  • Audio : 8CH, ALC 892S/PDIF
  • SATA3:  4×SATA 6Gb/s, 1×eSATA 6Gb/s
  • USB : USB3.0×4, USB2.0×6

SATA2ポートがなくなりeSATAポートが追加された。USB2.0ポートも2つ減少。こちらも有線LANは有線LANがQualcomm Atheros Gigabit LAN(AR8171)。

私のオススメはIntel Gigabit LANを搭載しているB85 Pro4とB85M Pro4。もしも買うならばこの2つのどちらかです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【2013年版】Panasonic製モバブ新モデルまとめ
NEXT
WDのHDDを購入で賞品が当たるキャンペーン実施中

コメント

  1. 99q より:

    意外と注目されていないポイントなのですが、仕様として B85M Pro4 はデジタル電源を採用しているのに対し、B85M ではデジタル電源の記載はありません。
    H87M と H87M Pro4 でも同様の関係が見られます。
    上記、もし勘違いでしたらごめんなさい。

  2. Administrator より:

    ご指摘ありがとうございます。確かにその通りでしたので修正しました。

    • とんぼ より:

      パソコンを自作する際にこちらを参考にさせていただいています。ありがとうございます。

      下の記述だと「『B85M Pro4』はデジタル電源を採用していない」ことになってしまうような…
      > B85 Pro4のMicroATX版がこのB85M Pro4。B85 Pro4との違いはPCIe 2.0 x1スロットがない、デジタル電源ではないところ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。