SIMフリー版(海外版) Xperia 5(J9210) レビュー

SIMフリー版(海外版) Xperia 5(J9210) をレビュー。

Xperia 5(J9210)フォトレビュー

今回、海外版(グローバル版)・SIMフリー版である「Xperia 5(J9210)」のブルーを購入しました。(SDメモリーカードには付属しておりませんです。)

国内で販売されているXperia 5とは若干スペックが異なります。

Xperia 5(J9210)は、CPUがSnapdragon 855、メモリ6GB、ストレージ128GBを搭載しています。国内版はストレージ64GBなので大きく異なります。

購入初期状態ではAndroid 9が搭載されていましたが、アップデートをすることでAndroid 10になります。

指紋認証は搭載されていますが、顔認証には対応していません。防水防塵に対応、海外版はおサイフケータイに対応していません。

サイズは約158 x 68 x 8.2 mm(幅×高さ×厚さ)、重さは約164gです。

外観レビュー

箱。他のものはわかりませんが異様に開けにくかったです。

付属品一覧。スタートアップガイド、USB-Cケーブル、イヤホンジャックへの変換アダプタ、イヤホン、イヤーピースです。充電器は海外用で、日本のコンセントでは使えません。

海外版の付属品は充実しており、国内版だと付属品は変換アダプタのみとなっています。

本体前面。約6.1インチ、FHD+(2520×1080)の有機ELディスプレイを搭載しています。比率が21:9と、Xperia 5最大の特徴でありものすごく縦長に思えます。

ディスプレイにノッチなどはありません。インカメラは約800万画素を搭載。

本体背面。背面もガラスなので、ケースなしで使用する方は指紋が気になるかもしれません。上部にNFCが搭載されています。

アウトカメラは前面側から見ると右寄りに配置。12MP+12MP+12MP(標準カメラ+超広角カメラ+望遠カメラ)のトリプルカメラが搭載されています。

12MPは1200万画素なのですが、国内版だと1220万画素表記になっており、おそらく海外版も端数(?)がはぶかれているだけで1220万画素でしょう。おそらく。

本体上部。セカンドマイクが搭載されています。

本体左側面。SIMスロットを取り出すのにSIMピンなどは不要です。

本体右側面。左から、シャッターボタン、電源ボタン、指紋センサー、音量ボタンが搭載されています。

今回側面に指紋センサーが搭載されていますが、役割は指紋認証のみで電源ボタンは別です。ですが、指紋認証を行うと画面が自動的に点灯するので特に不便はありません。

シャッターボタンは横持ちでカメラを操作しているときに非常に便利です。

本体下部。マイクとスピーカー、充電端子はUSB Type-Cが搭載されています。

 

SIMスロットにはnanoSIMが2枚、もしくはnanoSIM1枚とmicroSDが搭載可能となっています。トリプルスロットではないのでnanoSIM2枚とmicroSDをすべていれることはできません。

Xperia 5(J9210)スペック詳細

海外版のスペックは、SONYの公式グローバルサイトを参考にしています。

OSAndroid 9 Pie
(アップデートでAndroid 10対応)
CPUQualcomm Snapdragon855
2.8GHz×1コア+2.4GHz×3コア+1.7GHz×4コア オクタコア
ディスプレイ約6.1インチ/有機EL(HDR対応)/FHD+
メモリ6GB
ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD(最大512GB)
アウトカメラ52mm(望遠) : 約12MP/F値2.4
26mm(標準) : 約12MP/F値1.6
16mm(超広角) : 約12MP/F値2.4
インカメラ約800万画素/F値2.0
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
充電端子USB Type-C
SIMnanoSIM ×2
バッテリー容量3140mAh
サイズ(幅×高さ×厚さ)約68mm×約158mm×約8.2mm
重さ164g

Xperia 5(J9210)の対応しているネットワーク周波数帯

Xperia 5(J9210)は、LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/29/32/34/38/39/40/41/46/66、W-CDMA Band 1/2/3/4/6/8/19に対応しています。

ネットワーク周波数帯対応状況だけでいえば、すべての国内キャリアのSIMで快適に通信することができます。

docomoが使用しているネットワーク周波数帯とXperia 5(J9210)の対応している周波数帯で一致しているのは、LTE Band はBand 1, 3, 19, 28で、W-CDMA BandはBand 1, 6, 19。プラチナバンドであるLTE Band 19に対応しているので大丈夫です。FOMAプラスエリアにも対応しています。

SoftBankが使用しているネットワーク周波数帯とXperia 5(J9210)の対応している周波数帯で一致しているのは、LTE BandはBand 1, 3, 8, 28で、W-CDMAはBand 1, 8。SoftBankのプラチナバンドであるLTE Band 8に対応しているので大丈夫です。

auが使用しているネットワーク周波数帯とXperia 5(J9210)の対応している周波数帯で一致しているのは、LTE BandはBand 1, 26, 28, 41。LTE Band 26はauのプラチナバンドであるLTE Band 18を含んでいます。

ところが、UQ mobileのau回線のSIMを挿してみたところ、データ通信は可能ですが通話は不可でした。

BIGLOBEモバイルのドコモ回線(タイプD)を利用した場合はデータ通信、通話ともに可能でした。

海外版Xperia 5で通話を利用しようと思っている方は、au回線のSIMにしないほうがいいかと思われます。

AnTuTu Benchmarkで計測

AnTuTu Benchmark v.8.0.6で計測。スコアは418115。

カメラレビュー、機能紹介

カメラ撮影時について

撮影時、毎回ではないですが一瞬固まることがあります。

カメラ画質が4:3(1200万画素)だとなりやすいですね。一つ下の16:9(900万画素)にするとなりません。

カメラ作例

すべてオート撮影での写真になります。パスタの写真など、オート撮影でも結構ボケがついているように思います。

広角カメラ

通常カメラ

広角カメラ

広角カメラは端が結構伸びます。キレイに撮れる、とは言えないかも。

ポートレート撮影

ポートレート撮影。ボケの程度は変えられます。

パフェの上のアーモンドチョコなど比較的境界を区別しやすいものだとおもうのですが、そこまではっきりと区別してボケさせられているようにはあまり思えないです。

カメラ設定

 

指がレンズにかかっていたり、被写体に近づきすぎだったり、そんなときにポップアップで注意がでます。

Xperia 5の特徴・機能を紹介

21:9の縦長ディスプレイでマルチウィンドウなど

縦長画面の利点として、マルチウィンドウが利用しやすいというところです。

Xperia 5には21:9マルチウィンドウというアプリが搭載されており、アプリ選択もしくはサイドセンスを利用することでマルチウィンドウを起動できます。

マルチウィンドウ起動後、マルチウィンドウにしたい2つのアプリを選択します。

お気に入りのアプリ2つを登録することもできます。

サイドセンス機能でショートカットやマルチウィンドウを起動

Xperia 5には、本体の端をタッチやスライドすると起動する「サイドセンス機能」が搭載されています。

サイドセンスを起動することで、設定したアプリを開くことができたり、マルチウィンドウにするアプリを選択することができます。

しかしこのサイドセンス、起動がとても難しい。練習モードも搭載されているのですが、全然反応しない。

また、スマホの端を覆ってしまうケースを利用している場合は完全にサイドセンスは使えません。

慣れれば・・・・とは思うのですが、あまりにも認識しないので個人的には利用しないと思います。そもそもケースをつけているので使えないのですが。

片手モードで画面の縮小が可能

ホームボタンをダブルタップすると、操作画面を縮小させることができます。左右移動や、サイズ変更も可能。

どうしてもスマホが大きくて片手で操作しにくいという場合は利用すると便利です。

おサイフケータイ(海外版のみ)、ワイヤレス充電には非対応

Xperia 5は、海外版のみおサイフケータイに対応していません。NFCは搭載されています。

また、最近のハイエンドスマホに搭載されているワイヤレス充電にも対応していないので注意してください。

側面に指紋センサーを搭載、顔認証はなし

側面に指紋センサーが搭載されています。電源ボタンとは別で搭載しています。

指紋センサー自体が細いため、若干認識しにくい感じがします。

特に風呂上がりで手が濡れているときなど、更に反応しづらいように思います。

また、顔認証には対応していません。Smart Lockによる顔認証もAndroid 10にすると消えてしまうので顔認証はどうやっても使うことはできません。

その他

初回起動時画面

プリインストールアプリなど。起動時にいくつかはDLするかどうか聞かれます。

一切DLしなくても入ってしまうNetflixやFortnite Installerなどのアプリは、残念ながらアンインストールすることができません。

初回起動時のストレージ容量

国内版のXperia 5との違い

海外版国内版
ストレージ128GB64GB
SIMデュアルSIM(nanoSIM×2)シングルSIM(nanoSIM)
バッテリー容量3140mAh3000mAh
おサイフケータイ

大きく違うところは3つ。1つはストレージが128GBと64GBだというところ。たくさんアプリをいれるなどという方にはうれしい容量です。

2つ目に、デュアルSIMかシングルSIMかということ。海外版はnanoSIM+nanoSIM(またはmicroSD)、国内版はnanoSIM+microSD。

3つ目に、おサイフケータイの有無。これはおサイフケータイを利用しない人には特に関係ないですね。バッテリー容量は大体誤差レベル。

ミヤビックスの保護フィルムを貼りました

ミヤビックスのOverLay Brilliant、防指紋・防気泡の光沢液晶保護フィルムを貼りました。

Xperia 5は端がラウンド状のため、フィルムは端までは貼れません。また、フィルム幅が画面よりも左右1mmくらい小さいです。

貼る際に気泡は全く無くキレイに貼れました。指紋もつきにくいかと思います。個人的には満足です。

Spigenの保護ケースを装着

保護ケースはSpigenのリキッドクリスタルを装着しました。TPU素材なので柔らかくて装着しやすいです。

背面の内側はドット加工されているため、くっついたりなどはしません。

覆われているボタン部分は柔らかく、押しやすいです。指紋センサーの部分はケースをつけることで位置がわかりやすくなります。

カメラ部分は、カメラよりも高くなっているので、置いてもカメラが傷つくことはないです。

左側面の下部にはストラップホールもついているので、ストラップをつける人でも大丈夫です。

ただし、ケースをつけると端が覆われてしまうため、サイドセンスが利用できなくなるので注意。

まとめ

Xperia 5(J9210)のいいところ

  • 21:9の画面サイズで、映画を見るときやマルチウィンドウに便利
  • 幅は細いので手の小さい方でも持ちやすい
  • 側面に指紋センサーが搭載
  • 防水防塵に対応(国内版ならおサイフケータイにも対応)
  • 海外版はデュアルSIMに対応

Xperia 5(J9210)の悪いところ

  • 顔認証ができない
  • 指紋センサーの反応が少し悪い
  • イヤホンジャックが搭載されていない
  • 指紋センサーと電源ボタンが別
  • ワイヤレス充電が搭載されていない
  • 海外版はおサイフケータイに対応していない

国内3キャリアでも販売中

Xperia 5の国内版は、ドコモ、au、ソフトバンクでも販売されています。

国内版は海外版と少しスペックが違いますが、外観や機能にあまり違いはないので参考になれば幸いです。

ドコモオンラインショップはこちら

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

au Online Shopはこちら

ボタンを押すとau Online Shopに移動します

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ボタンを押すとソフトバンクオンラインショップに移動します





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, レビュー

Copyright© 公安9課 , 2020 All Rights Reserved.