マウスのWindows Phone 8.1スマホ「MADOSMA Q501」予約開始

MADOSMA Q501マウスコンピューターのWindows Phone 8.1を搭載したスマートフォン「MADOSMA Q501」が予約を開始しています。

マウスコンピューターは、新ブランド「MADOSMA」(マドスマ)の製品として、Windows Phone 8.1 Update を搭載したスマートフォン「MADOSMA Q501」の販売を開始します。

MADOSMA Q501は日本国内向けのSIMフリー端末。予約販売は各家電量販店・マウスコンピューターの楽天市場店・電話通販・マウスコンピューターダイレクトショップにて開始しています。

MADOSMA Q501 スペック

ブランド名MADOSMA Q501
OSWindows Phone 8.1 Update
CPU Snapdragon 410(1.2GHz/クアッドコア)
ROM/RAM8GB / 1GB
メモリスロットmicroSDメモリーカード(16GB同梱)
バッテリー容量2300mAh(取り外し可)
ディスプレイ約5インチHD(1280×720, IPS)
本体寸法(高さ×幅×厚さ)142.8×70.4×8.4mm
質量125g
通信3GW-CDMA : BAND1/8/19(6)
4G/LTELTE : BAND1/3/19 (CAT4)
SIMスロットMicroSIM
無線IEEE 802.11 b/g/n・ Bluetooth V4.0 (EDR/A2DP 対応)
カメラ(背面/正面)800万 / 200万画素
GPSGPS / A-GPS
センサー近接 / 光 / 加速度センサー / 電子コンパス
主な付属品液晶保護シート(本体貼付済み)、Micro SD カード(16GB)、
micro USB ケーブル(データ/充電用)、クイックスタートガイド(製品保証書)

 

MADOSMA Q501はパソコンやタブレットを使用されている人には馴染み深い、Windows OSを採用したスマートフォン。約5インチの大画面液晶を採用しつつも、わずか125gの軽量さ。また、Snapdragon 410の採用により、利用するアプリや機能に応じて最適な組み合わせで動作。消費電力を抑えつつも、さくさくと軽快な操作を実現します。

LTE Band 1, 3, 19に対応しているところを見ると、MADOSMAが使えるSIMはdocomo SIMやdocomo系MVNO SIMになりそうですね。また、W-CDMAのBand 19にも対応しているのでFOMAプラスエリアにも対応しているようです。

 

とはいえWindows PhoneのシェアはiPhoneやAndroidと比べると塵と同じかつまともにアプリが無いようなので(個人的見解)、どうしてもWindows Phoneが欲しい!というある意味物好きな人以外は買わないほうがよさそうです。

SIMフリー端末ならZenFone 2とか買ったほうが幸せになれると思いますよ。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-, , ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.