公安9課

*

Windows 7/8.1とKaby Lake/Ryzenの組み合わせだとWindows Update/更新プログラムが適用できないかも

   

logo-Windows-10

Windows 7/8.1とKaby Lake/Ryzenの組み合わせだとWindows Update/更新プログラムが適用できないかもしれません。

“Your PC uses a processor that isn’t supported on this version of Windows” error when you scan or download Windows updatesによると、この問題は、Windows 7/Winodws 8.1とIntelの第7世代プロセッサ「Kaby Lake」/AMD「Ryzen」の組み合わせで発生するようです。

Windows Updateにおいて更新プログラムをスキャンまたはダウンロードしようとすると、

  • 「このバージョンのWindowsではサポートされていないプロセッサを使用しており、アップデートを受け取ることができません」
  • 「Windowsは新しい更新プログラムを検索できませんでした」
  • 「コンピュータの新しい更新プログラムを確認中にエラーが発生しました」
  • 「エラーが見つかりました:コード8024037 Windows Updateで不明なエラーが発生しました」

といった内容のエラーメッセージが表示されてWindows Update/更新プログラムが適用できない可能性があります。

 

この問題の解決方法は、「Kaby LakeやRyzen世代のプロセッサが搭載されている場合はWindows 7/Windows 8.1からWindows 10にアップグレードすることをオススメする」です。他に解決方法は提示されていません。

もともとMicrosoftは2016年1月20日に、Windows Blogにおいて「今後新世代のチップが導入された場合、その時点で最新のWindowsプラットフォームのみがサポートされる」ということを明言していました。

ちなみに余談ではありますが、マザーボードメーカーによってはWindows 7/Windows 8.1に対応させるためのドライバを配布してたり、AMDにいたってはRyzen向けにWindows 7用ドライバを配布してたりします。

Microsoftが勝手にそう言ってるだけで、メーカー側がWindows 7/Windows 8.1に対応させようと思えばいくらでも対応させられるわけです。公式にサポートしているわけではないですし限度はありますけど。

 

今後この問題について日本で批判が殺到すればMicrosoftも何かしらの対応(=Kaby LakeやRyzenでもサポート)をするかとは思いますが、そもそも最新OSしかサポートしないよと言っているわけで。

どうなることでしょう。多分何も無いんじゃないですかね。




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「Windows 7/8.1とKaby Lake/Ryzenの組み合わせだとWindows Update/更新プログラムが適用できないかも」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
ROG CROSSHAIR VI HEROの一部バージョンでの起動不能問題を回避するBIOSが公開
NEXT
MSIよりAMD B350搭載MicroATXゲーミングマザー「B350M GAMING PRO」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。