WD GreenはWD Blueに統合。見分け方などを解説

WD GreenがWD Blueに統合されました。見分け方についても解説しています。

WD GreenとWD Blueが統合

WD-greentoblue

今更感のある記事ではありますが…。

2015年9月頃、WDはWD GreenシリーズをWD Blueシリーズと統合することを発表しました。この統合により、ユーザーがより簡単にHDDを選べるようになりました。現在販売されているWD Greenの容量、キャッシュ、フォームファクター構成については、現行のライフサイクルの間は継続しますが、WD Blueブランドとして販売されます。

統合による型番変更もあり

WD GreenがWD Blueに統合されたことにより変更されたのは型番と回転数の表記。

製品型番末尾の文字がXからZに変更されたことと、回転数が「IntelliPower」表記から5400rpmに変更されたことの2つです。

容量 旧WD Green 製品型番 新WD Blue 製品型番
6TB WD60EZRX WD60EZRZ-
5TB WD50EZRX WD50EZRZ
4TB WD40EZRX WD40EZRZ
3TB WD30EZRX WD30EZRZ
2TB WD20EZRX WD20EZRZ
1TB WD10EZRX WD10EZRZ
500GB WD5000AZRX WD5000AZRZ

 

デスクトップ向けWD Blueは2シリーズ態勢に

この統合により、「WD Blue 5400 RPM-Class」と「WD Blue 7200 RPM-Class」の2シリーズ態勢になります。

WD Blue 5400 RPM-Class

こちらのWD Blue 5400 RPM-Classが旧WD GreenのWD Blueとなります。

容量 モデル番号 インターフェース フォームファクタ RPM キャッシュ
6TB WD60EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
5TB WD50EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
4TB WD40EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
3TB WD30EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
2TB WD20EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
1TB WD10EZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB
500GB WD5000AZRZ SATA 6Gb/s 3.5インチ 5400 64 MB

 

WD Blue 7200 RPM-Class

こちらのWD Blue 7200 RPM-Classが従来存在しているWD Blueとなります。

容量 モデル番号 インターフェース フォームファクタ RPM キャッシュ
1TB WD10EZEX SATA 6Gb/s 3.5インチ 7200 64 MB
500GB WD5000AAKX SATA 6Gb/s 3.5インチ 7200 16 MB
500GB WD5000AZLX SATA 6Gb/s 3.5インチ 7200 32 MB
320GB WD3200AAKX SATA 6Gb/s 3.5インチ 7200 16 MB
250GB WD2500AAKX SATA 6Gb/s 3.5インチ 7200 16 MB

 

 

以上。参考になれば幸いです。


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-HDD, まとめ/比較
-, ,

© 2020 公安9課