Vernee Apollo Liteレビュー。2万8000円前後でデカコア・4GBメモリ・ジャイロスコープ搭載の高性能スマホ

vernee-apollo-lite-12Vernee Apollo Liteレビュー。12月31日まで使える5%オフクーポンもあります。

Apollo Lite フォトレビュー

Verneeのスマートフォン「Apollo Lite」のサンプルをいただきましたのでレビューを行いたいと思います。

vernee-apollo-lite-1外箱。vernee-apollo-lite-2本体とマニュアル、microUSBケーブル、充電器、SIMピンが付属しています。

vernee-apollo-lite-3

vernee-apollo-lite-4

 

vernee-apollo-lite-12

今回サンプルとして提供いただいたのはスペースグレイ。ムーンライトシルバーも存在します。

vernee-apollo-lite-15本体上面にはイヤホンジャック。手に持った時に右側にあります。

 

vernee-apollo-lite-5本体底面にはスピーカーとUSB-typeCコネクタ。

vernee-apollo-lite-6

本体右側面には電源ボタンとボリュームキー。

vernee-apollo-lite-7本体左側面。SIMスロット2つが配置されています。

vernee-apollo-lite-16

microSIMスロットとnanoSIMスロットのデュアルSIM。DualSIM-DualStandbyに対応しています。なお、nanoSIMスロットはmicroSDスロットと兼用となります。

 

vernee-apollo-lite-10

1600万画素の背面カメラを搭載。CMOSカメラセンサーにはSamsung S5K3P3が採用されています。カメラの下には指紋認証センサー。

vernee-apollo-lite-14

製品名Apollo Lite
OSAndroid 6.0
ディスプレイ 5.5インチ
SHARP IGZO IPS
Corning Gorilla Glass 3
解像度1920×1080, FullHD, 401ppi)
CPUHelio X20 (MT6797)
メインメモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メディア規格microSD/最大128GBまで認識
カメラ背面1600万画素/前面500万画素
WifiIEEE802.11 a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0
GPSGPS, A-GPS
SIMタイプmicroSIM+nanoSIM
※nanoSIMスロットはmicroSDスロットと兼用
DSDS
対応周波数帯(LTE)FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
対応周波数(3G)WCDMA 900/2100MHz
対応周波数(GSM)GSM 900/1900/2100MHz
バッテリー容量3180mAh
USB-typeCコネクタ
Pump Express 3.0
その他ジャイロスコープ搭載
本体サイズ約縦幅152mm×横幅76.2mm×厚さ9.2mm
重量 約175g
製品公式Overview – vernee

 

ホーム画面

vernee-apollo-lite-17

vernee-apollo-lite-21

こちらはホーム画面。アプリは最低限のものがインストールされています。素のAndroid 6.0に近いです。

vernee-apollo-lite-18

日本語化も可能。

Antutu Benchmark

vernee-apollo-lite-19

vernee-apollo-lite-20

Antutu Benchmarkのスコアは86201。3Dが17499、UXが34458、CPUが26905、RAMが7339。HUAWEI P9よりも5000ほど低いです。

搭載されているプロセッサはMediaTek Helio X20。2x Cortex-A72 @ 2.1GHz ~ 2.3GHz、4x Cortex-A53 @ 1.85GHz、4x Cortex-A53 @ 1.4GHz の合計10コアを搭載。タスクによって最適なコアに切り替えることによりスムーズな動作やバッテリー駆動時間の延長を図っているようです。

カメラは微妙

背面カメラは1600万画素のものを搭載していますが、私は画素数の割には正直微妙だと感じました。

フォトエディタ機能が意外と充実しており、9種類のフィルターがプリセットされ、フレーム装飾、トリミング・傾き調整・回転・鏡・描画、自動色補正・露出・周辺減光・段階的・コントラスト・影・ハイライト・自然な彩度・シャープネス・カーブ・色彩・彩度・モノクロ・白黒反転・エッジ・ポスタライズなどの機能を搭載しています。

指紋認証の精度は良いほう

背面カメラ下には指紋認証センサーが搭載されており、指紋を登録することで指紋認証が可能になります。認証の精度は良いほうです。画面消灯時にセンサーに触れると画面ロックが解除されます。

指紋を複数追加することも可能なので、複数の指紋を登録するのもいいですし、聞き手の人差し指の指紋を複数登録して指紋認証の精度を更に上げるのもいいでしょう。

 

2万8000円前後でデカコア、解像度FullHDでIGZO液晶、メモリ4GB、ストレージ32GB、バッテリー容量3180mAh、USB-typeCというのはかなり頑張っていると思います。メインとして使うのはもちろんのこと、デレステやスクフェス、Pokemon Goなどのゲーム用端末としていかがでしょう?

12月31日まで使える5%オフになるクーポンコード【GTSD9CGN】もいただいています。お得に購入しましょう!


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, レビュー
-, ,

© 2020 公安9課