Thermaltakeの256色LEDファン付き水冷一体型CPUクーラー「Water 3.0 Riing Edition」発売

2016/04/11

Thermaltakeの256色LEDファン付き水冷一体型CPUクーラー「Water 3.0 Riing Edition」が発売されます。

アスクは2016年4月11日、Thermaltake社製の水冷一体型CPUクーラー「Water 3.0 Riing Edition」シリーズの2製品を発表しました。4月15日より発売予定で、本体価格は360mmラジエーターが税抜2万2980円、240mmラジエーターは税抜1万7980円となっています。

Water 3.0 Riing Editionシリーズのスペックは以下の通り。

製品名Water 3.0 Riing Edition
360mmラジエーター
CL-W108-PL12SW-A
Water 3.0 Riing Edition
240mmラジエーター
FN1011 CL-W107-PL12SW-A
材質銅(ウォーターブロック)、ゴム(チューブ)
ファンRiing 12 - 256Color LEDファン×3Riing 12 - 256Color LEDファン×2
ファン回転数800~1,500rpm(低ノイズモード時:400~1,000rpm)
最大風量40.6CFM
ノイズレベル18.5~26.4dBA
ラジエーターサイズ326×120×27mm270×120×27mm
重量1.32kg1.07kg
対応CPUソケットIntel:LGA2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150
AMD:FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
製品公式(アスク)Water 3.0 Riing Editionシリーズ 製品情報 Thermaltake CPUクーラー | 株式会社アスク

 

water3-riing-edition

「Water 3.0 Riing Edition」シリーズは、256色の発光に対応したRiing 12ファンと放熱効率に優れたラジエーターを採用する水冷一体型CPUクーラー。2種類のサイズのラジエーターをラインナップしており、360mmサイズには最大6基、240mmサイズには最大4基の120mmファンが取付可能です。

搭載ファンに256色での発光に対応した「Riing 12 - 256Color LEDファン」を採用。ファン全体が光る一般的なLEDファンとは異なりリング部分が明るくカラフルに発色し、今までとひと味違うPCのドレスアップを楽しめます。また、専用のコントローラーも付属しており、LEDカラーやファン回転数を切り替えることが可能。

伝導率に優れる銅製ベースにポンプを内蔵した薄型ウォーターブロックを採用。取り回しやすい薄型ウォーターブロックを採用したことで、マザーボード上でのパーツ干渉を防ぐことができます。また、耐久性に優れたチューブを採用しており、ダメージに強く冷却液の自然蒸発を低減させることができます。

 

水冷CPUクーラーも光らせたい人にオススメです。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPUクーラー, ニュース
-,