Thermaltakeより2面強化ガラス搭載ミドルタワーPCケース「A500 TG」発売

2018/11/09


Thermaltakeより2面強化ガラス搭載ミドルタワーPCケース「A500 TG」が発売されます。



Thermaltake国内正規代理店の株式会社アスクは2018年11月9日、スイングドアの2面強化ガラス、2面アルミパネルのミドルタワー型PCケース「A500 TG」を2018年11月16日より発売することを発表しました。市場想定価格2万9800円。

スペックは以下の通り。

製品名TT Premium A500 TG Aluminum
ケースタイプミドルタワー
材質アルミニウム、SPCC
対応マザーボードATX、microATX、Mini-ITX
対応電源ATX 12V(最大220mm)
対応グラフィックボード最大420mm(ドライブケージ非搭載時)
最大295mm(ドライブケージ搭載時)
対応CPUクーラー全高160mm
拡張スロット8+2
ドライブベイ内部3.5/2.5インチ共用×4(電源カバー上のドライブケージ)
内部3.5/2.5インチ共用×2(電源カバー内のドライブケージ)
内部2.5インチ×1(ドライブブラケット)
搭載可能ラジエータ上面:360/280mm
前面:360/280mm
背面:120mm
※ 水冷一体型CPUクーラーのサイズ。
Thermaltake社製Pacific RLシリーズのラジエーターは適合してません。
搭載可能ファン上面:140mm×2または120mm×3
前面:140/120mm×3
背面:120mm×1
付属ファン前面:120mmファン×2(1000rpm, 22dBA)
背面:120mmファン×1(1000rpm, 22dBA)
I/OポートUSB 3.1 Gen.1 Type-C×1、USB 3.0×2
USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法236(W)×560(H)×510(D) mm
重量14.8kg
カラーブラック

A500 TGは両サイドに4mm厚強化ガラスのスライドドアパネルと、前面上面にアルミパネルを採用したミドルタワー型のPCケース。

対応マザボはATX、microATX、Mini-ITX。内部のレイアウトに応じてドライブトレイが取り外し可能な「FullyModularDesign」を採用し、3.5/2.5インチ共用ドライブベイが6つ、2.5インチが1つ搭載。

対応グラボはドライブケージ非搭載時は最大420mm、搭載時は最大295mmまで搭載可能。拡張スロットは8+2。

電源は最大220mm、CPUクーラーは高さ160mm、ラジエータは上面360/280mm、前面360/280mm、背面120mm。フロントには最大360mmの水冷一体型CPUクーラーを取り付けることができます。搭載可能ファンは上面140mm×2または120mm×3、前面140/120mm×3、背面120mm×1。

前面に120mmファンが2つ、背面に1つ搭載。インターフェースはUSB 3.1 Gen.1 Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1。

サイズは236(W)×560(H)×510(D) mmで重さは14.8kgとなっています。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-PCケース, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.