WiMAX 2+モバイルルーター「W05」「WX04」スペック比較

投稿日:2018/01/19 更新日:



WiMAX 2+モバイルルーター「W05」「WX04」スペック比較。





W05,WX04スペック比較

「W05」の受信速度708Mbps、「WX04」の受信速度440Mbpsは一部エリアのみ、かつWiMAX 2+、LTE利用時の最大速度となります。

製品名Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT WX04
製造元HUAWEINECプラットフォームズ株式会社
対応ネットワークWiMAX 2+/au 4G LTEWiMAX 2+/au 4G LTE
質量約131g約128g
外形寸法(mm)約W130×H55×D12.6mm約W111×H62×D13.3mm
UIMカードNano ICNano IC
連続通信時間ハイスピードモード
(WiMAX 2+)
 ハイパフォーマンスモード:約6時間30分
ノーマルモード:約9時間
エコモード:約10時間30分
ハイスピードモード
(WiMAX 2+)
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約13.8時間
 ハイスピードプラスエリアモード
(WiMAX 2+、LTE)
ハイパフォーマンスモード:約4時間20分
ノーマルモード:約6時間30分
エコモード:約9時間10分
ハイスピードプラスエリアモード
(WiMAX 2+、LTE)
ハイパフォーマンスモード:約8時間
ノーマルモード :約10.5時間
エコモード :約13時間
連続待受時間休止状態:約850時間
ウェイティング時:38時間
休止状態:約700時間
ウェイティング時:50時間
最大通信速度受信最大708Mbps
送信最大75Mbps
受信最大440Mbps
送信最大50Mbps
バッテリー容量2,750mAh3,200mAh
最大同時接続数Wi-Fi:10台
USB:1台
Bluetooth:3台
Wi-Fi:10台
USB:1台
Bluetooth:3台
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz対応)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz対応)

連続通信時間

「W05」と「WX04」の大きな違いの1つに、連続通信時間の違いがあります。

W05WX04
ハイスピードモード
(WiMAX 2+)
ハイパフォーマンスモード 約6.5時間 約8.1時間
ノーマルモード 約9時間 約11.5時間
エコモード 約10.5時間 約13.8時間
ハイスピードプラスエリアモード
(WiMAX 2+、LTE)
ハイパフォーマンスモード 約4.3時間 約8時間
ノーマルモード 約6.5時間 約10.5時間
エコモード 約9.2時間 約13時間

ノーマルモードで比較しても、ハイスピードモードでは約4時間、ハイスピードプラスエリアモードでは約2.5時間の差があります。バッテリー容量もW05は2750mAh、WX04は3200mAhと差があります。

これほど差があると、外に持ち運ぶとしたときには圧倒的にWX04が持ち運ぶのに適しているのではないでしょうか。エコモードなどを利用すると更に長く使用することができます。

連続待受時間

W05WX04
休止状態約850時間約700時間
ウェイティング時38時間50時間

バッテリー容量としてはWX04のほうが多いのですが、休止状態での連続待受時間はW05のほうが50時間も長いです。

ウェイティング時には12時間ほどWX04のほうが長め。

大通信速度

W05WX04
受信最大速度708Mbps440Mbps
送信最大速度75Mbps30Mbps

W05は、4×4MIMO通信技術とWiMAX 2+の周波数(2つ)を束ねるCA技術を組み合わせることで、下り最大708Mbpsの超高速通信を実現。これは光回線並の速度です。

受信最大速度をみると、W05は708Mbps、WX04は440Mbpsと大きな差があることがわかります。送信最大速度もW05が75MbpsでWX04が30Mbps。

とは言うものの、この最大速度というのは東名阪の一部エリアかつ、WiMAX 2+、LTEの同時利用時の最大速度となります。

W05、WX04共に受信最大速度で利用するには、ハイパフォーマンスモード(WiMAX 2+)設定かつ、有料のハイスピードプラスエリアモードの利用が必要になります。

ハイスピードプラスエリアモードは有料の「LTEオプション料(月額1005円)」を契約する必要があります。

ハイスピードプラスエリアモードを利用できない状態(WiMAX 2+のみ)では、W05だと最高558Mbps、WX04だと220Mbpsもしくは110Mbps。

Wi-Fiお引っ越し機能

W05には、これまで利用していたWi-Fiルーターから新しいWi-FiルーターへWi-Fi接続情報(SSID、暗号化モード、暗号化キー)をコピーできるお引っ越し機能がついています。 これによりスマホやパソコン側の面倒な再設定が不要です。

 

まとめ

LTEオプションを契約した場合、受信最大速度がW05は708Mbps、WX04は440MbpsなのでW05のほうが圧倒的に早いので、快適なネット環境を利用したいというのならW05がおすすめです。ただしLTEオプションは有料なので注意。

ただ、やはりWi-Fiルーターというと持ち運んで外での利用が多いかと思います。それを考えた時、充電が長く持ったほうが便利なのではないでしょうか。

なので、LTEオプションも契約しない、速度も求めてない、という方はWX04のほうがW05よりも非常に長く充電が持つため、WX04のほうをオススメします。

 

GMOとくとくBBでは端末代金0円、約3万円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。最新のキャッシュバック金額は以下のページをご覧ください。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-まとめ/比較
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.