Samsungが12インチ・2in1Windowsタブレット「Galaxy TabPro S」発表

GalaxyTabProS

Samsungが12インチで2in1のWindowsタブレット「Galaxy TabPro S」を発表しました。

GalaxyTabProS-1

Samsungは2016年1月6日、12インチで2in1のWindowsタブレット「Galaxy TabPro S」を発表しました。

Galaxy TabPro Sはオフィスや自宅で生産性を最大化しようとしているユーザーのニーズに応える2in1タブレットで、Windows 10 HomeやWindows 10 Proのどちらかが選択可。キーボードカバーが付属しているので、ノートパソコンのようなスタイルでの利用も可能です。Wi-FiモデルとLTEモデルが用意されており、どちらも薄さは6.3mmで、重さはWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696gモデル。

スペックは以下の通り。

Galaxy-TabPro-S-Spec-Final-2

液晶はWindows 10搭載タブレットでは初となるSuper AMOLEDディスプレイを採用し、解像度は2160×1440。OSはWindows 10 HomeかWindows 10 Pro、CPUはデュアルコアで2.26GHz駆動のIntel Core mプロセッサ、メモリは4GBでストレージは128GBか256GB、無線LANはIEEE82.11 a/b/g/n/acでMIMO, Wi-Fi Directに対応、BluetoothはBluetooth 4.1、NFCチップを搭載。

カメラは表裏どちらも500万画素のカメラ、GPSはGPSとGLONASS、センサーは加速度センサー・ホールセンサー・光センサーを搭載しています。Windowsタブレットとしては初めてLTE Cat 6に対応しており、理論上は下り最大300Mbpsで通信が可能です。

バッテリー容量は5200mAhで、高速充電機能により2.5時間でフル充電が可能で、最大10.5時間駆動するとのこと。消費電力わずか4.5Wの最新世代のIntel Core mプロセッサを搭載しているおかげかもしれません。

GalaxyTabProS-2キーボードカバーはポゴピン接続。

 

Surface Pro 4よりも薄型・軽量ではありますが、CPUはCore mのみで変更不可能とCPUが貧弱です。逆に言えばGalaxy TabPro Sの方がSurface Pro 4のCore m搭載モデルよりも魅力的ではあります。メモリやストレージはこれだけあればまぁ良いかな、という感じ。

しかし、液晶ディスプレイで採用されているSuper AMOLEDは結局有機EL。Galaxyのスマホを使ったことがある人なら分かると思いますが、長期間使用しているとウィンドウやステータスバーの形が焼き付きそうですね。

 

 

 

情報元 : Samsung Unveils Galaxy TabPro S, 2-in-1 Tablet with Windows 10 Optimized for Productivity and the Best in Mobility | SAMSUNG NEWSROOM

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイルオンラインストアSIMを契約すると5000円相当還元!毎日21時から朝8時59分までのタイムセール中は7000円相当還元に増額中!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-タブレット, ニュース
-, , ,