IPO株のためにSBI証券・SMBC日興証券・みずほ証券・マネックス証券で口座開設手続き中

money1

IPO株のためにSBI証券・SMBC日興証券・みずほ証券・マネックス証券で口座開設の手続き中。

2016年は株や投資信託に挑戦したいと思っていた。2015年12月には楽天証券の口座を開設したはいいものの入金することなく、2000円分の投資信託の買い付け代金も無駄にしてしまいそうなくらい何もしていない。

というのも、1月のはじめにどこかで読んだ「今年は株は厳しい」という記事を見てあっというまに株への意欲が萎縮してしまった。ネットによくいる投資家のブログもどうも損をしている。そこでこれまたどこかで見た「IPO株」に手を出してみることにした。

IPO株は上場する前に株を手に入れて上場日に売るだけの簡単なお仕事だが、利益が出ることもあれば出ないこともある。

直近のIPOははてなで、2月24日上場予定となっている。今年の株の運試しとしてこのはてなのIPO株を狙っていこうと思う。想定発行価格は700円・1単元の株式数は100株で、おおよそ7万円となっている。仮に売って利益が出なかったとしても、株購入にかかった金額が全額パーになることはないし、厄年のせいにも出来る。

しかしIPO株に手を出そうにもまずは証券会社の口座を開設するところから始めないといけないので、ひとまずははてなの主幹事証券会社であるSMBC日興証券、ついでにみずほ証券、SBI証券、マネックス証券で口座を開設することにしたが、現時点ではまだ1つも手元に書類が届いていない。

なお、SBI証券に関してはネットで全ての手続きが可能だったので、もう既に俺が行わないといけない手続きは完了している。完了はしているものの、本人確認書類が審査された後にユーザーネーム・ログインパスワード・取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が届くまでは取引出来ないという状況。

SMBC 日興証券・みずほ証券・マネックス証券に関してはネット上で本人確認書類などのアップロードが出来ず、コピーなどを取って郵送、という手間がかかる。マネックス証券は少し前まではネット上で本人確認書類のアップロードが出来たらしいが、2016年1月からは口座開設手続きにおいてマイナンバーの提供が必要になったことからサービスを一時停止中という状況。現時点ではこの3社は本人確認書類を郵送しないといけないので論外である。

自前のプリンターを使って印刷してみたところ色が薄かったので対応が面倒になり、必要になる書類が送付される方式を選んだ俺の自業自得でもある。

ブックビルディング期間までに間に合うように全ての手続を滞りたく終わらせたいし、木曜から長崎にいないので一刻も早く書類を届けてほしい。間に合わなかったら間に合わなかったで運が無かったということにしたい。それにIPO株も必ず買えるわけではない。

とはいえ、木曜までに間に合わなかったら東京の各証券会社の店頭で口座開設の手続きも辞さない考えである。でもまだ店頭でネットの方の口座開設出来るのかどうかは調べてない。

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイルオンラインストアSIMを契約すると5000円相当還元!毎日21時から朝8時59分までのタイムセール中は7000円相当還元に増額中!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-未分類
-