PNYの東芝製TLC NAND採用2.5インチSSD「CS1311」シリーズスペックまとめ

2016/08/08

PNY-CS1311-1

PNYの東芝製TLC NAND採用2.5インチSSD「CS1311」シリーズスペックまとめ。

CS1311シリーズ スペック

製品名SSD7CS1311-960-RB SSD7CS1311-240-RB SSD7CS1311-120-RB
容量960GB480GB240GB120GB
フォームファクタ2.5インチ
インターフェースSerial ATA 6Gb/s
コントローラPhision 10コントローラ
NANDフラッシュ東芝製 15nm TLC NAND
シーケンシャルリード550MB/s550MB/s 550MB/s550MB/s
シーケンシャルライト520MB/s520MB/s 520MB/s 510MB/s
ランダムリード90000 IOPS90000 IOPS 87000 IOPS 86000 IOPS
ランダムライト84000 IOPS90000 IOPS 90000 IOPS 90000 IOPS
対応コマンドTrim
設置タイプ内蔵
厚さ7mm(9.5mm変換スペーサー付属)
保証期間3年間
製品公式CS1311 2.5'' SATA III SSD

 

PNY-CS1311

PNY CS1311シリーズはコントローラにはPhision X10、NANDフラッシュには東芝製15nm TLC NANDを採用した2.5インチSSD。120GB、240GB、480GB、960GBの4モデルが展開されています。

120GBモデルは4200円と他社製の同じ容量のSSDよりも安くなっています。タイミングにもよりますが4000円を切っていた頃もあったようです。

シーケンシャルリードは全モデル550MB/s、シーケンシャルライトは120GBモデルのみ510MB/sでその他モデルは520MB/s。ランダムリードは最大90000 IOPS、ランダムライトは最大90000 IOPS。

The SSD Reviewによるベンチマークは以下の通り。

PNY-CS1311-SSD-120GB-CDM120GB

PNY-CS1311-SSD-480GB-CDM480GB

PNY CS1311 SSD Review (120GB/480GB) | The SSD Review

ベンチマークを見るとシーケンシャルアクセス性能は公称スペック以上の速度を叩き出しています。

 

名前を聞いたことがないという人も多いかと思いますが、スペック的には申し分なく評価も上々。古いノートパソコンをHDDからSSDに換装するために安めのSSDが欲しい人、ゲーム用SSDや作業用SSDを探している人にオススメです。おひとついかがですか?

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, まとめ/比較
-,