PLEXTORのM.2スロット対応SSD「M6e M.2 2280」シリーズまとめ

投稿日:2014/05/27 更新日:

PLEXTORのM.2スロット対応SSD「M6e M.2 2280」シリーズまとめ

M6e M.2 2280シリーズとは

要は先日発売された「M6e」シリーズのこの赤枠の部分のSSDだけのモデルです。M.2スロットを搭載しているZ97, H97マザーボードにオススメ。

スペック

もちろんスペックもM6eシリーズと変わりません。

製品名PX-G512M6ePX-G256M6ePX-G128M6e
容量512GB256GB128GB
インターフェースPCI Express2.0×2(×4, ×8, ×16で使用可能)
NANDフラッシュTOSHIBA 19nm Toggle NAND
コントローラMarvell 88SS9183
キャッシュ1GB DDR3512MB DDR3256MB DDR3
シーケンシャルリード770MB/s
シーケンシャルライト625MB/s580MB/s335MB/s
ランダムリード105,000 IOPS96,000 IOPS
ランダムライト100,000 IOPS83,000 IOPS
設置タイプ内蔵

NANDフラッシュには、高速で信頼度の高い最新のTOSHIBA製19nm Toggle NANDを採用。高速転送と高速なランダムアクセス性能を実現。

コントローラはサーバグレードのMarvell 88SS9183を採用。PCI-Express対応のSSDコントローラーを備え、PCI Express 2.0×2の帯域幅によって、従来のSerial ATA接続では実現できなかった超高速データ転送を実現。

また、最大で1GBのDDR3キャッシュを搭載。使用頻度の高いデータをキャッシュに蓄積することで、フラッシュメモリのアクセスを減らしてデータ処理を高速化させています。フラッシュメモリのアクセスを減らすことでSSD劣化の抑制にもなります。

大手Flexstar社が手掛ける先進のテスト設備で、すべてのSSDにおいて厳密なテストを行っています。48時間連続読み取り、書き込み試験、4000回に及ぶアイドル・スリープ・ハイバネーションモードの繰り返し、250回の起動テストを実施しています。すべてのテストをゼロエラーでクリアした製品のみを出荷することで、240万時間という業界トップレベルのMTBFと圧倒的な低不良率を実現。

ベンチマーク(CrystalDiskMark)

px-g128m6e-cdm
px-g256m6e-cdm
px-g512m6e-cdm

検証環境

CPUCore i7-4770K
マザーボードGIGABYTE GA-Z87X-HD3
メモリー VENGEANCE CMZ16GX3M4X1600C9
4GB×4 デュアルチャンネル
グラフィックスオンボードVGA
システムドライブ(OS用)Plextor PX-128M5P
データドライブPlextor PX-AG256M6e (PCI-EX16スロットに接続)
電源CORSAIR CP-9020044-JP(AX860)
OSWindows 8 Pro x64

貴重なPCI Express接続の高速SSDです。SATAポートや拡張スロットが使えなくなってもSATAのボトルネックを超えた速度は魅力的ですね。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, まとめ/比較
-, , , , , ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.