OPPO A73実機レビュー。4眼カメラ搭載でeSIM対応

OPPO A73実機レビュー。4眼カメラ搭載でeSIMに対応しています。

OPPO A73をレビュー

OPPO A73を試用させていただく機会がありましたので、レビューを行いたいと思います。カラーはネービーブルー。

OPPO A73は2020年11月20日に発売されました。CPUにSnapdragon 662、メモリ4GB、ストレージ64GBを搭載しています。

ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応。おサイフケータイ、防水防塵には対応していません。

本体サイズは縦幅約159.8mm×横幅約72.9mm×厚さ約7.45mm、重量は約162g。

なお、貸与スマホのためかところどころにデモモード用のアプリや表示などが紛れ込んでいますが製品版にはありません。

外観フォトレビュー

外箱。

付属品は以下の通り。

  • ACアダプター×1
  • イヤホン×1
  • USB Type-C データケーブル×1
  • SIMカードスロット用ピン×1
  • 安全ガイド×1・クイックガイド×1
  • 保護フィルム(貼付済み)×1
  • 保護ケース×1

本体前面。ディスプレイは約6.44インチ、フルHD+(2400×1080)の有機ELを搭載しています。ディスプレイ上に指紋認証を搭載しています。

インカメラは約1600万画素。インカメラもナイトモードに対応しています。

ディスプレイには最初から保護フィルムが貼り付けられています。

本体背面。素材はレザーのような質感で、でこぼこしています。指紋もつかず、高級感があります。

レザーのような質感と言いましたが、レザーを使ってるわけではなくプラスチック素材を特殊加工しているようです。

アウトカメラはメインレンズ約1600万画素、超広角レンズ約800万画素、モノクロレンズ約200万画素、ポートレートレンズ約200万画素のクアッドカメラを搭載しています。出っ張りは小さいように思います。

本体上面。

本体下面。イヤホンジャックが搭載されています。充電端子はUSB Type-C。

本体左側面。SIMスロットと、音量ボタンが搭載されています。

本体右側面。電源ボタンが搭載されています。

SIMトレイは、

  1. nanoSIMカード1枚
  2. nanoSIMカード1枚+microSDカード

の組み合わせで利用できます。

付属のクリアケースを装着

 

クリアケースが付属しています。柔らかめのTPUケース。ボタン類は覆う形です。

OPPO A73のスペック詳細

OSColorOS 7.2(based on Android 10)
CPUQualcomm Snapdragon 662
オクタコアCPU: 4×2.0GHz+4×1.8GHz
ディスプレイサイズ: 6.44 インチ
画面占有率: 90.7%
解像度: FHD+(2400×1080)
リフレッシュレート:最大60Hz
タッチサンプリングレート:(通常)135Hz/(ゲーム)180Hz
色数:1600万色(8ビット)
色域:(P3) 96.7% NTSC / (sRGB) 70.8% NTSC
画素密度:408 PPI
コントラスト比: 100000:1 (標準)
輝度:通常時の最高輝度 430nit(標準)、ピーク時の最高輝度 600nit (HBM)
表示方式: 有機EL
スクリーン素材: Corning Gorilla Glass 3
メモリ4GB
ストレージ64GB
外部メモリ:microSDXC 最大256GB
アウトカメラ超広角レンズ搭載4眼カメラ
1600万画素 メイン
F値:2.2
800万画素 超広角
F値:2.2、画角:119°
200万画素 モノクロ
F値:2.4
200万画素 ポートレート
F値:2.4
電子式手ブレ補正
インカメラ

1600万画素
F値:2.2
AI ビューティー
手ブレ補正非対応

Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac; WLAN 2.4G/WLAN 5G/WLAN
BluetoothBluetooth: 5.0
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
センサー磁気センサー、近接センサー、光センサー
加速度センサー、ジャイロセンサー
ステップカウント機能対応
バッテリー4000mAh
急速充電:QuickCharge 3.0(9V/2A)
SIMnanoSIM、eSIM

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE: Bands 38/41

サイズ(縦×横×厚さ)約159.8mm×約72.9mm×約7.45mm
重さ約162g

Antutu Benchmark, Geekbenchでベンチマーク計測

AnTuTu Benchmark v.8.4.3で計測。

Geekbench5.2.5で計測。

 

 

カメラ作例

オート撮影

食べ物の写真では、白背景と白いお皿だったのですが何度撮っても青みがかっていました。ライトによるかもしれません。

AIダズルカラー機能で最適な色補正

AIダズルカラー オン

AIダズルカラー オフ

AIダズルカラー機能では、自動的にシーンが判別され、最適な色補正が施されます。

被写体によってはオンにすると彩度が高すぎて違和感のある写真になったりしたので、そのときによって変えたほうがいいかもしれません。

夜景モードで撮影

フォーカスを当てる部分にもよりますが、白飛びしすぎることもなくきれいだなあとおもいました。

ちなみに、インカメラも夜景モードに対応しています。

ポートレートモード

ぼかし度0%

ぼかし度100%

ぼかしの度合いは撮影後に変更することができないので注意してください。

超広角撮影, 10倍ズーム

通常撮影

超広角撮影

10倍ズーム

超広角撮影は画角119°です。

通常撮影では1600万画素、超広角撮影では800万画素になります。

カメラ機能・設定について

グーグルレンズにも対応しています。

写真のアスペクト比は画面フルサイズ(20:9)、16:9、4:3、1:1から選べます。

nanoSIMとeSIMに対応しています

OPPOの国内スマホでは初のeSIMに対応しています。nanoSIM+eSIMのDSDVにも対応しています。SIMスロットには同時にmicroSDも利用可能です。

eSIMとは、物理的なSIMカードを必要とせず、ウェブ上で契約するだけで使えるSIMのことです。

対応周波数は以下の通り。

  • GSM: 850/900/1800/1900MHz
  • WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
  • FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
  • TD-LTE: Bands 38/41

搭載機能を紹介

ディスプレイ上指紋認証搭載、顔認証も対応

ディスプレイ上に指紋認証が搭載されています。

軽く触っただけでは駄目で、しっかり押し付ける必要があります。

顔認証にも対応しています。

画面分割表示が可能です

画面分割表示ができます。アプリによっては対応していないものもあります。

「アイコンプルダウンジェスチャー」でホーム上部のアイコンも片手で簡単にタッチ

ホーム画面において、左右どちらかの端を上にスワイプさせるとホーム画面に並んでいるアプリアイコンが左右下にまとまってコンパクトに表示されるようになります。

タッチしたままそのアプリアイコンの上で離すことで、起動が可能です。

大きいスマホで片手操作しているときにホーム画面上部のアイコンをタッチするのって結構大変なので非常に便利だと思います。

どうやらOPPO A73で初めて搭載された機能のようです。

「スマートサイドバー」でアプリに即アクセス

サイドからバーを引き出すことができます。配置するアプリも編集することができます。

基本のジェスチャー操作が可能

子供の利用を制限できる「キッズスペース」

「キッズスペース」では子供にスマホを使わせるときのために、時間制限や利用できるアプリを設定することが可能です。

ゲームブースト機能

ゲームスペースにゲームアプリを追加することで、ゲームプレイ時の性能と電池消費量のバランスを設定することができます。

ゲームプレイ中の通知についても設定できます。

OTG機能で他端末を充電可能

OPPO A73はOTG接続に対応しています。

OTGに対応したケーブルを用意すれば、OPPO A73と他端末を接続することで他端末を充電することが可能です。

その他

防水防塵・おサイフケータイに非対応

OPPO A73は防水防塵やおサイフケータイに対応していないので注意してください。

初期状態のホーム画面

初期状態のストレージ

動画1時間再生でのバッテリーの減りをチェック

OPPO A73のバッテリー容量は4000mAhです。

youtubeで最大輝度で1時間動画を再生してみたところ、バッテリーの減りは42%→30%でした。

BIGLOBEモバイル タイプAのSIMで速度計測

9時頃

19時頃

23時頃

2時頃

BIGLOBEモバイル(タイプA)のSIMを挿して速度測定してみました。

何度か計測して平均あたりのスクショを掲載しています。

OPPO A73まとめ

OPPO A73のいいところ

  • eSIM対応
  • カメラ性能が高い/クアッドカメラ搭載
  • イヤホンジャック搭載
  • 背面が高級感あり

OPPO A73の特徴をあげるならなんと言ってもeSIMに対応したことでしょうか。

段々とeSIMも普及してきているので、選択肢にあげてもいいかもしれません。

スペックとしてはミドルレンジの下寄りといったところですが、カメラ性能はとてもよく、通常撮影でも夜景撮影でもきれいに撮れてるなと思いました。

個人的に背面がテカテカではなく、レザー調で指紋も目立たない見た目だったのが高評価でした。

OPPO A73の気になるところ

  • 防水防塵非対応
  • おサイフケータイ非対応
  • ディスプレイ内指紋認証の解除が少し遅い
  • 独自OS(ColorOS)なので慣れるまでちょっと時間がかかるかも

防水防塵とおサイフケータイには対応していないので注意してください。

ディスプレイ内指紋認証については、指の腹をしっかりディスプレイに押し付けないと失敗する可能性が高いです。コツをつかめばらくらく解除できるようになります。また、同じ指を複数回登録しておくといいですよ。

今まで純粋なAndroid搭載スマホを利用していた人には、ColorOSは純粋Androidと異なるところもあって慣れるまで時間がかかるかもしれません。

OPPO A73がBIGLOBEモバイルで2020年12月1日から販売開始!

当記事でレビューしたOPPO A73がBIGLOBEモバイルで2020年12月1日から販売開始されています。

OPPO A73の販売価格は2万7840円で、24回分割払いだと月額1160円です。BIGLOBEモバイルは24回払いのみで、BIGLOBEを退会した場合は残金一括支払いとなります。

音声通話SIMとOPPO A73をセットで契約すると、

  • 月額料金1200円割引×6ヶ月間
  • Gポイント1万6000円相当還元
  • 当サイト限定!クーポンコード【EFC】入力でGポイント4000円相当還元

の3つのキャンペーンが適用されてお得に契約できます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン詳細は以下から。

BIGLOBEモバイル申し込みはこちらから!

BIGLOBEモバイル

ボタンを押すとBIGLOBEモバイルのページに移動します


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, レビュー
-

© 2020 公安9課