MSIよりRyzenシリーズの性能を最大限引き出すAMD X370ハイエンドマザー「X370 GAMING M7 ACK」発売

投稿日:2017/09/29 更新日:

X370 GAMING M7 ACK

MSIよりRyzenシリーズの性能を最大限引き出せるAMD X370搭載マザー「X370 GAMING M7 ACK」が発売されます。






MSIは9月29日、AMD Ryzenシリーズに対応したX370チップセット搭載するSocket AM4マザーボード「X370 GAMING M7 ACK」を発表しました。

9月30日より販売開始され、市場想定価格は税抜3万980円。

X370 GAMING M7 ACKのスペックは以下の通り。

製品名 X370 GAMING M7 ACK
チップセット AMD X370チップセット
フォームファクタ ATX
CPUソケット Socket AM4
メモリインターフェース デュアルチャネルDDR4-3200+(OC)
第7世代APUはDDR4-2400まで
メモリスロット  4
最大メモリ容量 64GB
PCI Express 3.0x16スロット 2
PCI Express 2.0x16スロット 1
PCI Express 2.0x1スロット 3
Turbo M.2 1
SATA3 6
GbE LAN Killer E2500
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth 4.1
バックパネルインターフェース PS/2 keyboard/ mouse combo port×1
Clear CMOS button×1
USB 2.0 Type-A ports×3
LAN (RJ45) port×1
USB 3.1 Gen1 Type-A ports×6
USB 3.1 Gen2 Type-A port×1
USB 3.1 Gen2 Type-C port×1
OFC audio jacks×5
Optical S/PDIF OUT connector×1
 製品公式  MSI X370 GAMING M7 ACK

 

X370 GAMING M7 ACK-2

MSI X370 GAMING M7 ACKは、Enthusiast GAMINGシリーズの最上位モデルにあたるマザーボード。

CPU電源回路に13フェーズのPWMを採用することで、Ryzenシリーズのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

ネットワーク機能には、Killer E2500ギガビットLAN、Killer Wireless-AC 1535無線LANモジュールを搭載。これら2つのネットワークを組み合わせ、ネットワークを優先したいアプリケーションに優先して帯域を振り分けられるKiller DoubleShot Proにも対応。また、オンボードでVRヘッドマウントディスプレイへの信号伝送を最適化するVR Boost機能を搭載。

ストレージ機能には、PCI-Express 3.0 x4接続のTurbo M.2スロットと、PCI Express 2.0 x4接続のM.2スロットには、SSDを効果的に冷却するM.2 Shield Frozrを搭載。独自冷却機能M.2 Shieldをさらに強化したことで、M.2 SSDのサーマルスロットリングによるパフォーマンスの低下を防ぎます。

オーディオ機能は、他の回路と分離・独立させるだけでなく、左右のチャンネルレベルでも基板を分離し、最新オーディオプロセッサを搭載するAudio Boost 4に対応。SN比120dB/32bitの高品質オーディオ出力に対応するほか、DSD Super Audio CDの再生や録音もサポートしています。


Amazon | MSI X370 GAMING M7 ACK マザーボード [AMD RYZEN対応 socket AM4] MB4131 | MSI | マザーボード 通販







関連記事




  「MSIよりRyzenシリーズの性能を最大限引き出すAMD X370ハイエンドマザー「X370 GAMING M7 ACK」発売」をSNSでシェア

  • この記事を書いた人

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.