MSIよりRyzenシリーズの性能を最大限引き出すAMD X370ハイエンドマザー「X370 GAMING M7 ACK」発売

投稿日:2017/09/29 更新日:

X370 GAMING M7 ACK

MSIよりRyzenシリーズの性能を最大限引き出せるAMD X370搭載マザー「X370 GAMING M7 ACK」が発売されます。






MSIは9月29日、AMD Ryzenシリーズに対応したX370チップセット搭載するSocket AM4マザーボード「X370 GAMING M7 ACK」を発表しました。

9月30日より販売開始され、市場想定価格は税抜3万980円。

X370 GAMING M7 ACKのスペックは以下の通り。

製品名X370 GAMING M7 ACK
チップセットAMD X370チップセット
フォームファクタATX
CPUソケットSocket AM4
メモリインターフェースデュアルチャネルDDR4-3200+(OC)
第7世代APUはDDR4-2400まで
メモリスロット 4
最大メモリ容量64GB
PCI Express 3.0x16スロット2
PCI Express 2.0x16スロット1
PCI Express 2.0x1スロット3
Turbo M.21
SATA36
GbE LANKiller E2500
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth 4.1
バックパネルインターフェースPS/2 keyboard/ mouse combo port×1
Clear CMOS button×1
USB 2.0 Type-A ports×3
LAN (RJ45) port×1
USB 3.1 Gen1 Type-A ports×6
USB 3.1 Gen2 Type-A port×1
USB 3.1 Gen2 Type-C port×1
OFC audio jacks×5
Optical S/PDIF OUT connector×1
 製品公式 MSI X370 GAMING M7 ACK

 

X370 GAMING M7 ACK-2

MSI X370 GAMING M7 ACKは、Enthusiast GAMINGシリーズの最上位モデルにあたるマザーボード。

CPU電源回路に13フェーズのPWMを採用することで、Ryzenシリーズのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

ネットワーク機能には、Killer E2500ギガビットLAN、Killer Wireless-AC 1535無線LANモジュールを搭載。これら2つのネットワークを組み合わせ、ネットワークを優先したいアプリケーションに優先して帯域を振り分けられるKiller DoubleShot Proにも対応。また、オンボードでVRヘッドマウントディスプレイへの信号伝送を最適化するVR Boost機能を搭載。

ストレージ機能には、PCI-Express 3.0 x4接続のTurbo M.2スロットと、PCI Express 2.0 x4接続のM.2スロットには、SSDを効果的に冷却するM.2 Shield Frozrを搭載。独自冷却機能M.2 Shieldをさらに強化したことで、M.2 SSDのサーマルスロットリングによるパフォーマンスの低下を防ぎます。

オーディオ機能は、他の回路と分離・独立させるだけでなく、左右のチャンネルレベルでも基板を分離し、最新オーディオプロセッサを搭載するAudio Boost 4に対応。SN比120dB/32bitの高品質オーディオ出力に対応するほか、DSD Super Audio CDの再生や録音もサポートしています。


Amazon | MSI X370 GAMING M7 ACK マザーボード [AMD RYZEN対応 socket AM4] MB4131 | MSI | マザーボード 通販







  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.