Android 6.0搭載SIMフリースマホ「Motorola X Play」発売

MotXPlay

Android 6.0搭載SIMフリースマートフォン「Motorola X Play」が3月中旬以降発売されます。

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2016年2月23日、最新のAndroid 6.0を搭載したSIMフリースマートフォン「Moto X Play」の取り扱いを発表しました。MVNO各社や通販サイトを通じて、2016年2月23日より予約開始し、3月中旬以降発売予定です。

goo SimsellerがMoto XPlayの取り扱いを決定しており、OCNモバイルONEのパッケージと共に販売されます。更に先着数量限定でQUOカード3000円分をプレゼントするキャンペーンも行います。

スペックは以下の通り。

型番AP3597AE7J4(ブラック)/AP3597AD1J4(ホワイト)
市場想定価格4万7736円
プラットフォームAndroid 6.0
プロセッサー名Qualcomm Snapdragon 615(MSM8939)
(1.7GHz, オクタコア)
メモリ(RAM/ROM)2GB/16GB
外部メディア規格microSD
外部メディア最大容量128GB
液晶ディスプレイ5.5インチ
(1920×1080, FullHD)
CORNING GORILLA GLASS3
カメラ(アウト/イン)2100万画素/500万画素
通信方式(LTE)B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28/B38/B40/B41
通信方式(W-CDMA)B1/B2/B5/B6/B8/B9/B19
通信方式(GSM)850,900,1800,1900
Wi-Fi802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth4.0LE
NFC対応
インターフェースmicroUSB2.0×1
3.5㎜オーディオジャック×1
SIMカードnanoSIM,デュアルSIMスロット
(両スロットLTEサポート/DSDS)
バッテリー容量3,630mAh TurboPower
センサー加速度計、環境光センサー、電子コンパス、ホール効果センサー、
磁力計センサー、近接センサー、センサーHub
サイズ約148.0mmx75.0mmx8.9-10.9mm
質量約169g
製品公式Moto X Play

 

Moto X Playは、最新のAndroid6.0(Marshmallow)を搭載。Android6.0では、今までよりも消費電力 抑えることが可能になり、あわせて最長48時間稼働を実現する大容量の3,630mAhのバッテリーと、15分で8時間使用分の充電を可能にする急速充電対応により、バッテリー残量を気にせず、より快適に使用できます。

また、Qualcomm Snapdragon 615、2GBのメインメモリで、仕事からプライベートまであらゆる作業がストレスなくこなせます。ディスプレイは、5.5インチフルHDを採用し、傷がつきにくいCorning Gorilla Glass3を使用、いつまでもディスプレイの美しさを保ちます。

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2カラーが用意されています。

 

goo SimsellerでついてくるOCNモバイルONEの音声通話対応SIMパッケージは絶対に開通しないといけないわけではないので、不要な人は捨てて構いません。

情報元 : Moto X Play

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-, ,