MotorolaのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」国内発売。4G+3G同時待受対応

Moto G4 Plus

Motorolaの4G+3G同時待ち受けに対応したSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」が国内発売されます。

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2016年7月13日、SIMフリースマートフォンの新製品「Moto G4 Plus」を日本で発売することを発表しました。本日よりMVNO各社およびECサイトで予約販売を開始し、7月下旬以降発売予定になっています。

価格は16GBモデルが3万2800円、32GBモデルが3万5800円。

Moto G4 Plusのスペックは以下の通り。

型番AP3753AE7J4(ブラック)
AP3753AD1J4(ホワイト)
プラットフォームAndroid6.0.1
プロセッサー名QualcommR Snapdragon 617 (MSM8952)
1.5GHz オクタコア CPU
Adreno 405 ,550 MHz GPU
メモリ(RAM/ROM)2GB/16GB
3GB/32GB
外部メディア規格microSD
外部メディア最大容量128GB
液晶ディスプレイ5.5インチ/1920×1080(Full-HD) ,401ppi
CORNINGR GORILLAR GLASS 3
カメラ(アウト/イン)1600万画素/500万画素
通信方式(LTE)B1(2100) / B3(1800) / B5(850) / B7(2600) / B8(900)
B19(850) / B20(800) / B28(700) / TDLTE 840
通信方式(W-CDMA)B1(2100) / B2(1900) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
通信方式(GSM)850, 900, 1800, 1900
Wi-Fi802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetoothR 4.0LE+EDR
インターフェースmicroUSB / microSDカードスロット / イヤホンマイクジャック
SIMカードmicroSIM(同梱のメーカー純正SIMアダプタによりnanoSIMも利用可能)
デュアルSIMスロット(両スロットLTEサポート/DSDS)
バッテリー容量3,000mAh TurboPower
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー
近接センサー、センサーHub
サイズ約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm(カメラ部:9.78mm)
質量約157g

 

Moto G4 PlusはAndroid 6.0.1、5.5インチFullHD(1920×1080)ディスプレイ、Snapdragon 617、メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載。カメラはレーザーオートフォーカスを備えた1600万画素のカメラを搭載。指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除、約15分の充電で最長6時間の駆動を実現する「Turbo Power」などを搭載しています。

通信方式はLTE Band 1, 3, 5, 7, 8, 19, 20, 28、W-CDMA Band 1, 2,5, 8, 19に対応。docomoやSoftBank回線での使用が前提になりそうです。

SIMスロットはmicroSIM×2で、同梱のメーカー純正SIMアダプタによりmicroSIM化も可能。また、両方のSIMスロットがLTEをサポート、DualSim/DualStandbyに対応しており、4G(LTE)+3G(W-CDMA)同時待ち受けが可能です。

日本では実質的に初めての4G+3Gに対応したSIMフリースマートフォンですが、値段が高いという声が見受けられます。貴方はどう感じますか?


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-,

© 2020 公安9課